普段のあの行動が目元のしわの原因!?

%e7%9b%ae%e5%85%83%e3%80%80%e3%81%97%e3%82%8f%e3%80%80%e5%8e%9f%e5%9b%a0

シミやしわは、加齢の象徴のようで嫌ですよね。また、シミであればコンシーラーで隠してしまうこともできますが、しわはメイクで隠しきれるものではありません。ですが、小ジワの段階で正しいケアを行えば、高い確率で新たな目元のしわの出現を防ぐことができます。

目元のしわの原因

目元のしわの原因は加齢によるものだけではなく、日常生活が影響を及ぼしていることも少なくはありません。

  • ひとつは、眼精疲労があります。以前では手書きだった文章でも、現在ではパソコン入力が主流となり、それに伴い、眼精疲労を訴える方が増えています。そして、携帯電話スマホの長時間の使用も眼精疲労を引き起こす原因となります。仕事でパソコンを使用する方は特に、1時間に1回10分程度の休憩を入れで、目を休ませる時間を作りましょう。
    また、コンタクトレンズを使用している方も慢性的な眼精疲労が起こりやすい状態ですので、装用時間は必ず守り、ビタミン配合の目薬で潤いと栄養を補ってあげることが大切です。
  • そして、紫外線です。紫外線は私たちの体内の活性酸素を増やし、細胞を老化へと追いやってしまいます。活性酸素は、増え過ぎてしまい限り私たちの細胞を傷つけることはありませんが、増え過ぎてしまうと細胞を傷つけ、しわを作り出す原因となることがあります。
  • 忘れてはならないのがお肌の乾燥です。目元はもともと皮脂分泌が非常に少ない部分ですのでそもそも乾燥しやすく、また、皮膚が非常に薄く、皮下のコラーゲンなどの量が少ないという特徴を持っていますので、しわができやすいということがわかりますね。

アイメイクを落とす時は要注意

意外な盲点、それは、アイメイクの落し方です。あなたは現在、つけまつげ、マスカラ、アイライナーを使用していますか?使用している方は、どのような落し方をしているでしょうか?

アイメイクアップ用のリムーバーで優しく落しているという方は、まず問題ありません。ですが、アイメイクアップリムーバーを使用していても、ゴシゴシとこすりながら落している方は、今すぐにその落とし方を中止する必要があります。なかなかアイメイクが落ちないからと躍起になってこすってしまうと、ただでさえ薄い目元の皮膚が大きな刺激を受け、しわ黒ずみの原因となることがあります。

アイメイクは、アイメイクアップ用のリムーバーで優しく落とす、これが基本です。
また、マスカラが落しにくいという方は、お湯で落すことができる製品も販売されていますので、このタイプのマスカラに変えてみるというのもひとつ方法ですよ。

目元は入念に保湿

目元は皮膚が薄く、とてもデリケートな部分ですので、強い刺激を受けるとしわや黒ずみができやすくなります。それだけに、目元のしわを予防するためには保湿がなによりも大切です。また、保湿用化粧水にはさまざまな種類があり、ヒアルロン酸コラーゲンなどの成分がよく知られていますが、ここ数年で脚光を浴びるようになったプロテオグリカンという成分の保湿力も、なかなかのものです。

プロテオグリカンは鮭の鼻軟骨から抽出される成分で、ヒアルロン酸の約1.3倍の保湿力を持っています。さらに、プロテオグリカンにはEGF(上皮成長因子)と同様の作用があることがわかっており、プロテオグリカンをお肌につけ続けることにより、新しい肌細胞が誕生しやすい環境が整います。
つまり、目元のしわやたるみなどの改善効果を期待することかできるということです。

現在販売されているプロテオグリカン配合の化粧品には、化粧水、クリーム、美容液などがありますので、あなたのお気に入りのプロテオグリカン配合の化粧品を見つけ、毎日ワクワクしながらケア行ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • 目元のしわの原因は、「眼精疲労」「紫外線」「乾燥」
  • アイメイクは、アイメイクアップ用のリムーバーで優しく落とす。ゴシゴシはNG。
  • 保湿力の高いプロテオグリカンという成分入りの化粧品で、保湿力アップ!