老け顔の原因。おでこのしわはなぜ出来る?

%e3%81%8a%e3%81%a7%e3%81%93%e3%81%97%e3%82%8f

年齢とともに気になってくるのが”しわ”ですが、特におでこの”しわ”は老け顔の大きな原因になりますので、一刻も早く解決してしまいたいものです。

それでは、おでこの”しわ”はなぜできてしまうのか?原因と予防について考えてみることにしましょう。

おでこのしわの原因

おでこのしわの原因を、詳しくご紹介します。

肌への負担

おでこのしわは、加齢によって皮下のコラーゲンやエラスチンなどの成分が減少することによって起こりますが、実は理由はそれだけでなく、お肌への負担が大きくかかることによって起こることもあります。

  • まず一つ目が、お肌の乾燥です。目元や口元などは特に皮膚が薄い部分ですので、こまめ保湿を行う方が多いのではないかと思いますが、おでこのケアを忘れている方は意外と多いのではないでしょうか?ですが、おでこは常に外部からの刺激にさらされている部分であるため、ケアを怠ると、たちまち乾燥してしわができやすくなります。
  • 二つ目に、お肌の乾燥と切っても切れない関係にある紫外線です。紫外線は肉眼で確認することでできない不可視光線で、油断しているとジワジワと私たちのお肌に侵入し、お肌の深い部分の細胞を傷つけ、乾燥に導いてしまいます。そしてこれが、おでこのシワを作り出す原因になるということです。

日常的な原因

表情じわという言葉を見聞きしたことのある方は多いことでしょう。表情じわとは、その人の表情の癖がそのまま、しわとして顔に刻みこまれた状態を指し、特におでこは最も表情じわができやすい部分です。

ここで、皮下のコラーゲンエラスチンなどの量が十分に保たれている状態であるなら、瞬間的におでこにしわが寄ったとしても、すぐにしわのない元の状態に戻ります。ところが、皮下のコラーゲンやエラスチンが減少してしまうと、ひとたび寄ったおでこのしわがそのまま定着して、表情じわとして残ってしまうことがあります。

しわが刻まれないような肌を保つことが大事!

はじめは薄く浅く入っていただけのおでこのしわも、ケアを怠るとみるみるうちに深いしわに変化して行きます。そうならないためには、普段から正しいケアを行うことが大切です。では、具体的にどのようなケアを行うべきなのでしょうか?

まず、確実に行わなくてはならないのが保湿です。私たちのお肌は、年がら年中紫外線にさらされていますし、それによって乾燥しやすい状態となっています。日常のケアは勿論、お風呂上がりは、保湿化粧水、乳液、クリーム、美容液などで必ずしっかりと保湿を行っておきましょう。

そして、お肌の乾燥の原因となる紫外線は、常にブロックしておくことが大切です。紫外線は真皮のコラーゲンを変性させる作用を持ち、これがおでこのしわを作り出す原因となります。紫外線は、日焼け止めクリーム、日傘、帽子、手袋などの紫外線対策製品の使用でいくらでもブロックすることができますので、外出の際には、必ずこれらの紫外線対策製品を上手に利用し、紫外線からお肌を守りましょう。
紫外線は夏のイメージが強いですが、1年中降り注いでいますので日々のケアが重要です。

また、普段からビタミンCを含む食品を摂取しておくことにより、細胞の酸化を防ぐことができますので、積極的にビタミンCを摂取することを心がけてみて下さい。

また、お肌の外部からビタミンCを取り込むのであれば、イオン導入+ビタミンC誘導体美容液という組み合わせのケアがおススメです。このケア方法は美容外科や美容皮膚科で行うことができますが、最近では高性能な家庭用イオン導入器も販売されていますので、このような製品とビタミンC誘導体パウダーで、ホームケアを行ってみるという方法でもいいですね。
おでこのしわ予防には、保湿、紫外線ブロック、ビタミンCの取り込み、この3点が大切ですので、毎日コツコツとケアを続け、おでこのしわを予防しましょう。

まとめ

  • おでこのしわの原因は、乾燥や紫外線などの肌への負担。また、おでこは表情じわが出来やすい。
  • おでこのしわ予防には、保湿、紫外線ブロック、ビタミンCの取り込みが大切。
  • ケアは、毎日コツコツ続けることが大切。

 

Option!
プロテオグリカン配合化粧品まとめ!

管理人が調べたプロテオグリカン化粧品です。

ご購入をお考えの方、まだちょっと悩んでいる方は、成分など詳しく解説していますので、よろしければご覧ください。

>>実際に効果があると言われている化粧品を確認してみよう!

プロテオグリカンランキングページ誘導バナー