乾燥肌には亜鉛×ビタミン!食事で効率的に摂取しましょう

乾燥肌 ビタミン

栄養バランスの良い食生活を心がけることは、健康のためだけでなくお肌にとっても重要なことです。

必要な栄養が摂取できないと、乾燥肌になってしまうことも。

不足すると乾燥肌の原因になる恐れがある栄養素であるビタミン、それにミネラルについて解説します。

お肌に重要なミネラル「亜鉛」

亜鉛は体内で鉄の次に多く存在し、全身のあらゆる組織に必要不可欠な微量ミネラルです。

体内で働く酵素のうちの300種類以上に亜鉛が関わっており、その中でも新陳代謝を促す酵素の重要な成分です。

亜鉛が不足することでお肌や髪の毛、爪などの健康状態に影響し、皮膚炎や湿疹などの症状が表れて乾燥肌の原因にもなります。

亜鉛は加齢により吸収率が低下するため、高齢者に亜鉛不足が多く見られるのですが、最近では栄養の偏った食事や添加物が多く含まれた加工食品の摂取で、若い世代にも広がっているようです。

また、アルコールを分解促進する際に肝臓で亜鉛が必要になるため、飲酒の習慣がある人は亜鉛不足になりやすいといわれています。

ビタミン類も必須!

お肌の健康を保つには、やはりビタミンが重要な役割を果たします。乾燥肌を防ぐために積極的に摂取したいのは以下のビタミンです。

ビタミンA

ビタミンAは皮膚や粘膜の潤いを保持する働きがあり、お肌の新陳代謝を正常にしてターンオーバーを促進させる働きもあります。

また、天然保湿因子である角質層の「NMF」の生成を促す働きもあります。

特別意識しなくても、普通の食生活を送っているならそれほど不足する心配のない栄養素ですが、極端な偏食があったり無理なダイエットを行っている人は要注意です。

ビタミンB群

肌の健康を保つために特に重要なビタミンB群は、ビタミンB2とビタミンB6です。不足するとターンオーバーが乱れ、乾燥や肌荒れの原因になってしまう恐れがあります。

ビタミンB群は植物性食品動物性食品のどちらにも含まれており、通常の食生活で摂取量が不足する心配はないといわれていますが、加齢やストレス、妊娠、出産、アルコールや甘いものの過食などで大量に消費され、不足する場合もあります。

ビタミンE

ビタミンEは血液の循環を促進し、新陳代謝を高めてくれるため美肌に欠かせない栄養素です。紫外線を浴びるなどで活性酸素が発生しても、ビタミンEがその活性酸素を減少させる物質を増加させるため肌を守ってくれます。

ビタミンEを体内で効率よく働かせるためには、同時にタンパク質を摂取することも重要になります。

ビタミンC

美肌のための栄養素といえば、ビタミンCを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。ビタミンCはコラーゲンの生成を促進し、体内の活性酸を除去してくれます。

同じく肌を健やかに保つビタミンEと一緒に摂取することがお勧めで、相乗効果があります。

おすすめの食品ご紹介!

亜鉛

乾燥肌 ビタミン

牡蠣、レバー、牛肉、卵、チーズなどに多く含まれています。

特に牡蠣は最も亜鉛が豊富に含まれている食品で、カロリーが低いのでダイエット中の方でも安心して食べることができるでしょう。

ビタミンA

乾燥肌 ビタミン

緑黄色野菜、レバー、うなぎ、卵黄、バターなどに多く含まれています。

緑黄色野菜はにんじん、かぼちゃ、ほうれん草、小松菜、にら、春菊、パセリなどです。

ビタミンB群

乾燥肌 ビタミン

ビタミンB2はレバー、卵、乳製品、ほうれん草、さつまいもなどに、ビタミンB6はカツオやマグロなどの魚類、レバー、肉などに多く含まれています。

ビタミンE

乾燥肌 ビタミン

アーモンドやクルミなどのナッツ類、ヒマワリ油などの植物油、たらこやイクラ、いわしなどの魚介類、アボカドなどに多く含まれています。

ビタミンC

乾燥肌 ビタミン

イチゴやキウイ、柑橘類などの果物の他、赤や黄色のピーマン、ブロッコリー、モロヘイヤ、パセリなどに多く含まれています。

ビタミンCは熱や酸素に弱いので、生食が可能なら生で、食べる直前にカットするようにしましょう。

加熱するなら短時間で、水に溶けやすいので煮物などは煮汁も一緒に食べるようにします。

まとめ

  • お肌に重要な亜鉛は、体内で鉄の次に多く存在し、全身のあらゆる組織に必要不可欠な微量ミネラル
  • お肌の健康を保つにはビタミンが重要
  • それぞれの栄養素が含まれる食材をバランスよく摂ることが大切