目の下のたるみは老化が原因!?たるみ予防のエクササイズと化粧品!

目の下 たるみ

目の下のたるみが気がかりであるというような人もいるのではないでしょうか。

目の下のたるみがあると、実際の年齢よりも年をとっているように見られるなどがあります。

ここでは、目の下のたるみの原因と解消法についてご紹介しましょう。

目の下のたるみはどのような原因か?

目の下のたるみの原因としては、いろいろなものがありますが、一番の原因が老化と言われています。

例えば、肌の中のヒアルロン酸やコラーゲンが少なくなることでできる老化によるもの。

脂肪の目の下にあるものがふくらむためにできるたるみなどが原因です。

目の下には眼窩脂肪と言われる脂肪があります。

その眼窩脂肪は年齢をを重ねると、飛び出るように膨らんでしまうので、目の下の肌がたるんでしまうのです。

目の周りの筋肉が年をとってくるにつれて衰えてきて、脂肪が蓄積することによって肌が下がるため、たるみが目の下にできてきます。

目の周りは特に肌が薄いため、たるみがよく目につく部位でもあります。

しかし目の下のたるみは老化以外の原因もあります。

化粧品やまばたきの回数によってたるんでしまう場合もあるようです。

目の下のたるみをエクササイズで解消する方法

それではエクササイズで眼の下のたるみを解消する方法についてご紹介しましょう。

目の周りの筋肉や表情筋に刺激を与えることによって、老化しかけていた筋肉を元気にし、たるみのないすっきりとした目元にしてきましょう。

エクササイズをスタートする前には顔全体の筋肉を軽くほぐしておきましょう。

目の下のエクササイズ
〇指を10本使ってゆっくりと頭皮をマッサージします。
〇首のリンパ節を通じてリンパを耳下と耳の後ろから鎖骨のくぼみまでゆっくりと流します。
〇ウインクエクササイズは、左右交互にウインクするのみのものです。

目元のエクササイズは簡単そうに思いますが、ウインクは顔の筋肉が老化し衰えていくと、とてもやりずらいと感じるのです。

眼の周りの筋肉を鍛え、たるんだ目元を解消する為には軽視できません。

ウィンクエクササイズの方法として、人差し指で頬骨の上を軽く押さえて、ウインクを右目でします。

指は動かさずそのままで、次にウインクを左目でします。

押えた指の動きが弱い方の回数を多くし、ウインクエクササイズをしましょう。

その他にも眉上げエクササイズがあります。

眼の下にある筋肉をトレーニングするものです。

正しい姿勢で正面向きに立ち(座っても大丈夫です)、目を閉じるくらいまで細くします。

目を細くしたままで、上に眉毛を上げるようにします。

呼吸を自然にしながら10秒ほど保ち、元の状態にゆっくりと戻ります。

目の下のたるみを解消するエクササイズはどれも気軽にできるもばかりです。

鏡を見た時に、少しでもたるみがあると感じられた場合には、すぐに行ってみましょう。

毎日の積み重ねが目の下のたるみを予防し解消するでしょう。

目の下のたるみを化粧品で解消する方法

目の下のたるみ防止の対策をしていくときは、スキンケアも重要になってきます。

大事なことは、毎日のスキンケアは保湿をしっかりとする事です。

減少してしまったコラーゲンを守って生成を促すような「ビタミンC誘導体」「ナイアシン」「レチノール」などの成分が配合されている基礎化粧品を使うのもおすすめですが、目の下のたるみを改善していく美容成分の中で特におすすめなのが「プロテオグリカン」です。

プロテオグリカン配合の化粧品を使用していくことで目の下のたるみを防止していくことができます。

プロテオグリカンはヒアルロン酸以上の保水力があります。

そもそも人間の体にも存在する成分なので副作用などの心配もありません。

プロテオグリカン配合の化粧品は目の下のたるみを防止するだけではなくて、シミやシワの肌トラブルにも効果を発揮します。

プロテオグリカンはアンチエイジング効果抜群の成分なのです。

まとめ

  • 目の下の一番の原因は老化と言われています。目の周りの筋肉を意識し目の下のエクササイズを心がけましょう。
  • 鏡を見て少しでもたるみがあると感じた時は、頭皮やリンパのマッサージ、ウインクエクササイズをしましょう。毎日の積み重ねが大事です。
  • 目の下のたるみ防止にはスキンケアも重要で、保湿を意識することが大事です。特におすすめなのが「プロテオグリカン」です。