改善したい目の下のたるみには顔を筋える!

目の下,たるみ,改善

人の第一印象は、目で大きく変わります。目の下のたるみは、見た目の年齢を大きく左右するもの。ですから、逆に言えば、目元の印象さえ変えればとても若々しく見えるんです。

今回は目の下のたるみを改善したい方へ、目の下のたるみ改善に有効な顔の筋トレについて紹介します。

目の下のたるみの原因 目の下のたるみの原因

最近、肌が乾燥するようになったと感じている人はいませんか。私たちは、加齢とともに肌の水分量が不足し、50代頃になれば、ほとんどの人が乾燥肌になるといわれています。

これは、水分を保つヒアルロン酸や、細胞の間で水分と油分をキープするセラミド、皮膚のハリや弾力を支えているコラーゲンが減ってくることが原因です。年齢を重ねるごとに生み出されにくくなることで、全体的に減少し、肌に水分をキープすることができなくなるため、皮膚全体が下がってしまうのです。

ですから、目の周りのたるみを感じている人は、同時にほうれい線に悩んでいる人も多いようです。目の周りには、たくさんのコラーゲンが存在します。このコラーゲンは、紫外線で破壊されてしまうことがわかっており、過度に紫外線を浴びるとダメージがもろに現れてしまうのです。

さらに、目の周りの皮膚はとても薄く、ダメージがそのまま肌の状態に表れてしまいます。ですから、日焼け止めクリームはとても大事ですし、日差しを直接防ぐサングラス・帽子等も有効です。
目の下のたるみには、しっかりとした紫外線対策と保湿スキンケアが重要です。そして、目の下のたるみの一番の原因となっているのが、目の下の筋肉である眼輪筋が弱ってしまうことです。

眼輪筋に力がある頃は、顔の脂肪はしっかりとその「壁」で平らにキープされているのですが、これが弱まってくると、脂肪が前に飛び出して、たるみとなるのです。さらに、乾燥した肌にはハリがないので、余計にたるんでしまう。まさに、悪循環です。目の下のたるみを改善しようと思うのであれば、なによりも筋力をアップさせることが必要なのです。

目の下のたるみ改善方法~マッサージ~

目の下のたるみは、老廃物がたまることによって起こるむくみでも引き起こされます。ですから、マッサージをして血行を良くすることでも改善するのです。

  1. まずは、目の下部分の目尻から目頭、瞼部分の目頭から目尻まで優しく指で押して進みます。ちょうど、目の周りに円を描くようなイメージです。
  2. 何度かやると、目の周りがすっきりとして、たるみが解消されるだけでなく、目も大きく見えます。デリケートな部分なので、目の周りの皮膚をこすらないようにすることがポイントです。

また、顔全体のリンパマッサージも効果的です。首筋や耳の横など、リンパが通っている部分をさするようにして老廃物を首筋から下に流すことで、顔全体のむくみの解消になります。

血行が良くなることで、肌の新陳代謝が上がり、コラーゲンの生成を促すことも期待できます。むくみを解消するためのマッサージは、たるみ対策として即効性があるので、空き時間を使って行ってみるのもおすすめです。

目の下のたるみ改善方法~エクササイズ~

目の下のたるみの原因は眼輪筋の衰えです。目の下のたるみを根本から解決しようと思うのであれば、エクササイズをして目の周りの筋肉を鍛えましょう。

  1. まずは、ぎゅっと目を閉じて5秒間キープ。
  2. そのあと、大きく目を開いて同じように5秒間キープします。目を大きく開く時は、おでこにしわを寄せないように、目だけを大きく広げるのがポイントです。

眼球をぐるりと動かすことでも、目の周りの筋肉は鍛えられます。左、次に右、そしてぐるりと一周させて目を動かしましょう。特別な道具や場所を必要としないので、いつでも気が付いた時に、気軽にトライすることができるのでおすすめです。

また、顔は30以上の表情筋が組み合わさってできているので、表情筋を全体的に鍛えることでも効果があります。筋力をアップさせれば、自然とリフトアップし、目の下のたるみが解消されます。

しっかりと保湿をすることや、マッサージでむくみを解消することももちろん大切ですが、目の周りのエクササイズで筋力を上げることで、ずいぶん印象は変わるものです。目の下のたるみが気になる人は、まず、顔の筋力アップを目指してくださいね。

【関連記事】目の下、まぶたのたるみの原因は?ツボ押しマッサージで解消!!

まとめ

  • 目の下のたるみには、紫外線対策と保湿スキンケアや目の下の筋肉である眼輪筋をアップさせるが大切。
  • 老廃物がたまることによって起こるむくみを抑えるために、マッサージで血行改善を。
  • エクササイズで表情筋を全体的に鍛えて、顔全体のリフトアップ。