できてしまったほうれい線(法令線)の消し方・解消法

ほうれい線 消し方

乾燥や加齢などが原因でできてしまったほうれい線を、自力で消したいと思う人は多いものです。

実は、「ほうれい線を消す体操」をすれば、ほうれい線の状態を解消・改善することができるんです。

今回は、そんなほうれい線を消す体操と方法についてご紹介します。

ほうれい線を消す体操は?

ほうれい線を消す体操は3つあります。

舌回し体操

舌回し体操は、ほうれい線に効果的だと言われています。また、目の下にできるクマや二重あごにも効果があります。舌回し体操はとても簡単な体操です。

方法は、

  1. 口を閉じて、舌の先で歯茎の表面をなぞるように1周させます。(約2秒間かけて!)
    右周りを10回、左回りを10回行いましょう。
  2. 軽く口を開けて、下で上あごを押します
    少し上を向いた状態にして、軽く口を開けます。約指1本入る程度に口を開きます。
  3. そして、前歯の裏から内側に下の先をあてて、押し上げます。(約10秒間かけて!)
  4. 少し上を向き、舌を前に突き出します
    少し上を向いて、舌を前に突き出します。そして上に向けて5秒間キープをします。次に舌を下に向けて5秒間キープします。これを3回行います。
  5. 舌を左右に出します。(約5秒間キープします)
    舌を斜め下に向けて出します。

これを左右で5秒間ずつキープをします。これを3セット行います。

あいうえお体操

あいうえお体操は名前の通り、口の形で「あいうえお」と行うエクササイズです。ほうれい線の部分を刺激することを意識して、大きな口をあけて「あいうえお」と言いましょう。

方法は、


  1. 口に神経を集中させて、大きな口をあけて「あ」と言います。

  2. 頬を持ち上げるように、首筋を浮かせるように力を入れて口を横に広げます。

  3. 口を思い切りすぼめて、タコをイメージして口をとがらせます。

  4. 舌を思い切り上に出して「え」と言います。

  5. 口を大きく開けて、鼻の下を伸ばします。口の周りのほうれい線を思い切り伸ばすようイメージをしましょう。

とても簡単なエクササイズです。ただ、簡単ですが、初めてしばらくは普段使わない筋肉を使うので、口周りが疲れます。最初は5秒ずつから初めて、8秒、15秒、20秒とキープする時間を延長していきましょう。

ペットボトルエクササイズ

吹奏楽部が口周りの筋肉を鍛えるトレーニングとしてよくしているエクササイズです。これは、口周りの筋肉を鍛えるにはもってこいのエクササイズです。

方法は、

  1. 500ミリリットルのペットボトルに約100ミリの水を入れます
    初めてエクササイズを行う際は、負担がかからないようにからのペットボトルで始めましょう。
  2. ペットボトルを咥えて、持ち上げ、10秒間キープします
    ペットボトルをくわえて持ち上げて10秒間キープする

を3セット行います。

ほうれい線が消える以外の効果もある?

ほうれい線が消える効果があるエクササイズを3つご紹介しました。このエクササイズのメリットは、ほうれい線が消えるだけではありません。その他にも3つの効果が期待できます。

二重あごが改善される

口周りの筋肉を鍛えることは、顎の筋肉も鍛える効果があります。顎の筋肉は「顎舌骨筋」というのですが、この筋肉を鍛えると、二重あごを予防・改善する効果があります。特に舌回し体操は、二重あご改善に大きな効果があると言われています。

口臭を予防する

顔周りの筋肉を鍛えることは、口臭予防にもつながります。口周りを動かすと、口の中の唾液の量が増えます。唾液が増えると、口臭や歯周病の予防にもなると言われています。

顔の歪みが改善される

顔の筋肉を動かすと、普段使わない筋肉が動くので、顔の歪みを整える効果があります。特に、頭痛持ちの方は顔のバランスが整い、頭痛改善効果も期待できます

まとめ

  • ほうれい線を消す体操は「舌回し体操」「あいうえお体操」「ペットボトルエクササイズ」、の3つ。
  • エクササイズのメリットは、ほうれい線が消えるだけではなく他にも3つの効果がある。