ほうれい線(法令線)ができる原因とは

ほうれい線 原因

ほうれい線ができると、顔がグッと老けて見られがちになり、そして、ファンデーションもほうれい線のシワに入りより目立ってしまうなど、メイクで隠せない悩みも出てくるものです。

今回は、ほうれい線の原因について、そしてほうれい線対策の方法についてご紹介します。

ほうれい線の原因

ほうれい線ができる原因は4つあると言われています。

頬のたるみ

頬がたるむと、ほうれい線ができやすくなります。よく、加齢でほうれい線ができると言われるのは、これが理由です。歳をとると、頬がだんだん下がって来るので、この頬の下がりが原因でほうれい線が出来ていると言われています

頬がたるむ理由は、2つあります。

1. 皮膚のハリ、弾力が低下するため

ハリと弾力がある肌を築く皮膚(真皮と呼ばれるもの)が衰えると、たるみの原因になります。真皮は、コラーゲン(繊維質で、肌の弾力を守る柱の役割があります)やエラスチン(コラーゲンをサポートする成分で肌のハリや弾力をキープする成分を持っています)と結びついて、肌の健康を整えています。

しかし、これが加齢紫外線の影響で異なる成分に変わると、肌の弾力やハリを失い、頬がたるむ原因となります。

2.皮下脂肪が増加すること

顔も身体と同じで、皮下脂肪が増えれば、脂肪を支えることができなくなるため、たるみが発生します。特に、丸顔で頬が柔らかい人は、もともと顔の筋肉が少ないので、頬が落ちやすいと言われています。

また、近年若者で過度なダイエットを繰り返すことで、顔の皮膚がたるみ、ほうれい線ができやすい皮膚になってしまう人が増えています。

骨格の歪み

人間の身体は、骨がベースで、骨の上に筋肉や脂肪、そして皮膚が乗っています。そのため、骨から皮膚まですべてが連動して動いています。そして、骨が動くところにある皮膚は伸び縮みするので、そこにシワができます。

例えば、ひじなど関節がある箇所には、シワがありますよね。それと同じ原理で、骨から皮膚は連動しているので、姿勢が悪いことが原因で骨が歪んでいると、できなくてもよいところにシワができます。

ほうれい線ができるのは、姿勢が悪いと頭蓋骨が歪みます。この頭蓋骨の歪みが原因でほうれい線ができることもあると言われています。

顔の筋肉の衰え

ほうれい線ができる原因として「表情筋が衰えること」もあげられます。

顔の筋肉である表情筋は、皮膚に直接ついているものです。表情筋は、顔を動かすことで鍛えられます。そのため、同じ表情ばかりしていると、皮膚の表面が形状記憶状態になり、表情筋を動かさなくなり、表情筋が衰えることに繋がると言われています。

近年は、WEBビジネスも発展し、人と会話をしたり、会わないまま仕事をするなど、そんな日々を送っている人も少なくないはずです。特に、20代~30代の若者世代で若い頃に発生するほうれい線に悩む人が増えています。

乾燥

肌の保湿機能が低下すると、肌の水分を失い、肌が乾燥します。この乾燥が進行すると小ジワになります。そして、この小ジワがさらに進行するとほうれい線になると言われています。

肌の保湿機能とは、肌が水分をキープして、角質層に蓄えておく機能のことを言います。この角質層は皮膚の一番上にある表皮に乗っているものです。この角質層が肌の水分を保っているのです。

最近は暖房や冷房の使用などで空気が乾燥し、この肌の水分を奪っていくことが多いです。そのため、肌が保湿・水不足となり、乾燥状態に陥り、ほうれい線ができやすくなってしまいます。

乾燥対策には専用の美容液を!

先ほどお伝えしたとおり、ほうれい線には特に「乾燥」が大敵です。乾燥対策をするために、化粧水や乳液、美容液などさまざまな対策商品があります。「乾燥対策!」とうたわれている商品が多い中で、入っていると乾燥対策効果が期待される成分と、おすすめの美容液をご紹介します。

それは、乾燥対策に効果があると言われている「ヒアルロン酸」の130%の保湿力がある「プロテオグリカン」という成分が配合された美容液です。

「プロテオグリカン」とは、もともと人間の肌に存在する保水力・保湿力に優れた成分です。乾燥対策になると言われ、人気の成分である「ヒアルロン酸」の130%ものパワフルな保湿力がある成分なので、近年、美容業界でも注目されている成分です。

この成分が配合されている美容液を使用すれば、保湿を逃がさず、乾燥を防いでくれます。

特に冬の時期は乾燥が気になる時期です。お肌を自分で守って、ほうれい線のないフェイスを目指しましょう。

まとめ

  • ほうれい線ができる原因は4つ。
  • 乾燥対策に効果があるのが、プロテオグリカン配合の美容液。