顔のたるみに拍車をかけてる食生活してない?食べ物から改善!

たるみ 原因 食べ物

日常生活の何気ないことが『たるみの原因』となってしまっているということがあります。その中には食べ物も当てはまります。

日常生活の中でも『毎日の食事』は見た目年齢を大きく左右する大切なものです。

今回はたるみの原因につながる食べ物について解説をしていきます。

美容トラブルに注意したい食品・栄養素

栄養バランスの悪い偏った食生活をしていると美容トラブルを起こしやすくなります。とくに顔のたるみやシワの原因になるような食べ物の過剰摂取には気をつけていかないとなりません。

アルコール

まずは、百薬の長とも言われることもあるアルコールです。

アルコールは適度に飲んでいくのならば問題はないのですが、飲みすぎてしまうことでシミやたるみの原因となっていきます。

人間の体はアルコールを摂取すると副腎皮質ホルモンのコルチゾールというものが分泌されます。コチゾールを作る際に体内のビタミンCが使われます。ビタミンCは皮膚のコラーゲンやエラスチンを生成するときにも必要な栄養素でもあります

ビタミンCは美容に関してなくてはならない栄養素でもあります。過剰なアルコール摂取をすることで体内のビタミンCはコチゾールを作るために使われて減ってしまって、コラーゲンやエラスチンの生成は低下してしまいます。この結果顔にたるみが起きてしまいます。

脂肪分

ある程度の脂肪は美しさを保つために必要なのですが、脂肪のとりすぎは抗酸化物質を消費することになるので顔のたるみの原因となります。

脂肪分はインスタント食品などにも多く含まれています。たるみを起こさないためにもインスタント食品のような食べ物ばかりを食べていくことは避けましょう。

糖分

糖質は脳などの体のエネルギーとなるものではありますが、糖分を取りすぎてしまうと体で糖化が起きてしまいます。糖化というのは糖とタンパク質が結合する現象で美肌になくてはならないコラーゲンを硬くしてしまい、たるみの原因につながります。

トランス脂肪酸

最近、悪玉コレステロールを増やすということで海外で問題視されることの多いトランス脂肪酸も肌のたるみの原因となります。トランス脂肪酸が含まれている食べ物はマーガリンショートニングです。パンやケーキなどに含まれているものですね。
ただし、トランス脂肪酸に関する研究は欧米人を対象にしたものが殆どです。日本人は欧米人ほどトランス脂肪酸を摂取する機会が少ないと考えられていますので必要以上に気にする必要はないかもしれません。

関連サイトすぐにわかるトランス脂肪酸(農林水産省 HP)

美容に適した食品・栄養素

食べ物が顔のたるみの原因となることがあるのならば、美容に適している食べ物はどんなものなのでしょう。代表的なものを紹介していきます。

大豆食品

大豆食品
美容に良いという食品といえば大豆食品です。大豆食品には「大豆イソフラボン」が含まれています。大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをする栄養素です。肌のハリや潤いを保ちます。

コラーゲン

肉
顔のたるみを予防するには絶対に必要なコラーゲンが含まれている食べ物がおすすめです。牛すじや鶏肉、豚足などにたくさんん含まれています。

ポリフェノール

ポリフェノール
抗酸化作用のあるポリフェノールは美容に最適です。ビタミンCの吸収も高めるのでシミやたるみに効果的です。緑茶、赤ワイン、明日葉などに含まれています。

ビタミン

ビタミン
美容にも健康にも絶対に必要となるのがビタミン類です。たくさんのビタミン類をバランスよく取り入れていくようにしましょう。

たるみ改善にはプロテオグリカン・コラーゲンを一緒に摂り入れるのがおすすめ

たるみを改善していく美容成分はいくつかありますが「プロテオグリカン」と「コラーゲン」を一緒に摂り入れることをおすすめします。

プロテオグリカンはコラーゲンやヒアルロン酸のように保水性にとても優れている成分で最近注目されているものです。人間の体の皮膚や軟骨などにも存在している成分です。

プロテオグリカンは保水性が優れているだけではなくて抗酸化作用や炎症抑制作用もあります。顔のたるみだけではなくてシミやシワにも効果のある成分として、最近では化粧品やサプリメントにも使用されています。

そして、コラーゲンはお肌のハリの源です。たるみそうになるお肌をコラーゲンでハリを取り戻す事でたるみを防ぐことができます。

まとめ

  • アルコールは過剰摂取でシミやたるみの原因となっていく。脂肪分、糖分の摂りすぎにも要注意。
  • 大豆食品、コラーゲン、ポリフェノール、ビタミン類を積極的に摂る。
  • たるみ改善にはプロテオグリカンとコラーゲンの同時摂取がおすすめ。