たるみの解消方法?!日焼け止めと保湿化粧品の選び方!

たるみ、化粧品

ほうれい線が目についてくれば、老けて全体的によく見られるようになります。

ほうれい線ができるのは、主に「たるみ」が原因です。

ここでは、たるみに効果的な化粧品の選び方についてご紹介しましょう。

化粧品によるたるみの解消方法

たるみができる原因としてはいろいろなものがあります。

しかし、化粧品でこの全てを解消することはできません。

たるみはお肌のハリがなくなる事が原因です。そしてハリがなくなる事を予防するために化粧品でできるのは、「紫外線対策」「保湿」だけです。

保湿がたるみを予防するために必要になるのは、肌の弾力がバリア機能が下がることによって衰えてくることを防止するためです。

皮脂、天然保湿成分、細胞間脂質が肌にはありますが、入浴したり洗顔したりすることによって、このような成分は少なからず流れ落ちるので、バリア機能が肌はその後に下がったままになります。

そして、約24時間肌のバリア機能が回復するまでにはかかるそうです。

そのため、肌のバリア機能が回復するまでは、肌を保湿することが応急的な処置として必要になります。

化粧品でカバーすることができるのは、基本的に保湿を肌の角質層まで行うことです。

日焼け止めの選び方

日焼け止めをするためには、「紫外線錯乱剤」を使う方法と「紫外線吸収剤」を使う2つの方法があります。

「紫外線吸収剤」を使う場合は、紫外線を一時的に吸って、肌の外に熱エネルギーに変換して出します。

働きとしては紫外線を肌の奥に入れないものがありますが、一時的に紫外線を吸うので、ダメージを肌が受ける原因になる場合が多くあります。

一方、「紫外線錯乱剤」を使う場合は、紫外線が肌の表面で乱反射します。

しかし、研究結果として、紫外線によっては紫外線錯乱剤の場合は活性酸素が発生するというデータもあります。

そのため、どちらの方がよりいいとは必ずしも言えません。

日焼け止めとしては、肌が敏感な人のために、「紫外線錯乱剤」と「紫外線錯乱剤」を全く使用しないで、植物油などを使用したものも作られているそうです。

日焼け止めの選び方としては、一番初めに自分の肌に適しているかを考えましょう。

また、野外レジャー用、屋内向け用など、使途によって日焼け止めを変更することも大事です。

屋外で日焼け止めを使用する場合は、汗などで流れやすいので塗り直しをこまめに行うことも大切になります。

また、紫外線は夏だけでなく、一年中降り注いでいますので秋になったからといって油断せずにケアを心がけてください。

保湿化粧品の効果と選び方

たるみを改善するために効果が期待できる化粧品を選ぶ場合は、保湿が高いもの、ハリに対して効果がある成分が配合されているものにしましょう。

保湿が高い、ハリに対して効果がある成分が配合されている化粧品としては、プロテオグリカンが配合されているものがおすすめです。

プロテオグリカンというのは、優れた保湿力があるコンドロイチンやヒアルロン酸よりも高い保湿力があることが明らかになっています。

そのうえ、使った感じはさっぱりしてベタつきなどもないため、いい使い心地の成分とも言えます。

また、基本的に、プロテオグリカンの成分は人の肌にある成分であるため、アレルギー反応も起きにくく、肌によく馴染むとされており、肌が敏感な場合にもおすすめのものです。

プロテオグリカンは、やはりその優れた保湿力が魅力ですが、細胞が炎症になるのを抑えると言われている抗炎症作用がこれ以外にも確認されています。

そのため、肌の環境や肌トラブルを改善するためにも、プロテオグリカンは効果が期待できます。

さらに、嬉しいポイントとしてプロテオグリカンには、EGF様作用という肌のターンオーバーを促進する働きも確認されています。

そのため、プロテオグリカンは、細胞を再生する能力が年をとることによって衰えたものをサポートするものとしても、非常に着目されているエイジングケア商品です。

まとめ

  • たるみを予防するために、「紫外線対策」と「保湿」を化粧品で対策しましょう
  • 「紫外線対策」の日焼け止めの選び方は、自分の肌に適しているもの、用途によって使い分けましょう
  • 「保湿化粧品」」の選び方は、保湿力、ハリに対しての効果がある成分、プロテオグリカンが配合されているものがオススメです

 

Option!
プロテオグリカン配合化粧品まとめ!

管理人が調べたプロテオグリカン化粧品です。

ご購入をお考えの方、まだちょっと悩んでいる方は、成分など詳しく解説していますので、よろしければご覧ください。

>>実際に効果があると言われている化粧品を確認してみよう!

プロテオグリカンランキングページ誘導バナー