美容クリニックでの顔のたるみの治療内容と注意点

たるみ 治療

顔にたるみが出てくると毎日のスキンケアやフェイスマッサージなどで解消することもできる場合もありますが、なかなか改善が見られない場合はクリニックでの本格的な治療を受けるという選択肢もあります。

クリニックではどのようなたるみ治療が行われるのかを紹介していきます。

たるみのレーザー治療

顔のたるみを解消していく治療の一つにレーザー治療があります。クリニックで行われるレーザー治療はさまざまな種類があります。レーザー治療の種類を紹介します。

フォトフェイシャル

フォトフェイシャルは肌の細胞を一時的に活性化させていく治療方法です。顔全体に医療用レーザーを照射していくことで肌の潤いやツヤを取り戻していきます。レーザーによって肌に刺激をあたえていき、修復していく際に肌細胞を活性化させてコラーゲンを増加させることで肌がふっくらするのでたるみが解消されます。肌のたるみだけではなくて、シミやシワ、そばかすやニキビなどの肌トラブルを改善していく効果があります

タイタン

タイタンは赤外線のフラッシュランプを使用します。通常のレーザー治療よりも肌の奥まで熱エネルギーを行き届かせて刺激をしていきます。真皮に熱エネルギーを与えることでコラーゲンの生成を促進させます。コラーゲンの生成が活発になることで肌の再生効果が発揮されます。タイタンでの治療は即効性も持続性もあるものです。

サーマクール

高周波を肌に照射してコラーゲンの生成を促進させます。肌の奥深くに作用していく治療方法です。特に引き締め効果が発揮されます

ポラリス

ポラリスはダイオードレーザーと高周波エネルギーを組み合わせた治療方法です。真皮層まで熱エネルギーを与えて刺激をしてコラーゲンの生成を促します。たるみやシワを改善する効果があります

テノール

高周波を照射して熱エネルギーを発生させる治療です。肌の奥深くから皮下脂肪を温めてコラーゲンの生成を促していきます。血行も促進されるのでリンパの流れもよくなり美肌効果が期待できます

注射治療

クリニックでの治療は、注射治療もあります。広く知られているのはプラセンタ注射ヒアルロン酸注入です。

プラセンタ注射は注射器でプラセンタエキスを注入して細胞を活性化させるものです。

ヒアルロン酸注入は肌のたるみがある部分にヒアルロン酸を注入することで肌の内側から持ち上げてたるみを解消していきます。

ボトックス注射も肌のシワやたるみに効果を発揮します。

フェイスリフト

美容クリニックなどで行なわれているたるみ治療のフェイスリフトは皮膚を切開する方法と切開しない方法の2種類があります。

切開する方法は耳の前後を切開して筋膜を引き上げます。たるみの原因となる脂肪も除去してたるみを解消していくので長期間の効果があります。

切開しない方法は針を使って皮膚に穴をあけて糸を使って皮膚を引き上げます。メスを使っていないので術後の傷は目立つ事なくダウンタイムも早いです。

高額な費用を払う前に!

クリニックでのたるみ治療は即効性もあって高い効果があります。しかし、保険適用の治療ではないので高額な治療費がかかります

高額な費用を払ってクリニックで治療をしていく前に、プロテオグリカン配合美容液などの美容液を使って日頃から集中したスキンケアをしていくことをおすすめします

プロテオグリカンはヒアルロン酸以上の保水力がある成分です。プロテオグリカンはもともと人間の体の中にもある物質なので副作用などの恐れもありません。プロテオグリカンはヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促す効果やメラニン生成を抑制していく効果があります。まさに、たるみ予防やシワ予防に効果を発揮する美容成分なのです。

たるみやシワを改善させていく際はまずは根気よくスキンケアをしていくことをおすすめします。何をしても改善しない場合にクリニックでの治療を考えていきましょう。

まとめ

  • クリニックでのレーザー治療は5種類。
  • 注射治療やフェイスリフトも治療法としてある。
  • クリニックでの治療は保険適応外のため治療費が高額になるため、プロテオグリカン配合美容液などの美容液を使って日頃から集中したスキンケアをしていくことがベスト。