肌がたるむ原因って何?予防策と対処法・おすすめ化粧品

肌 たるみ 原因

年齢を重ねていくとどうしても気になるようになってくるのが肌のたるみです。

若い頃よりも肌にたるみが出来てしまうというのはどうしても避けられないことというのは分かってはいるけれど、できる限り予防していきたいものです。

肌のたるみの原因

肌のたるみが起こる原因には年齢や生活習慣などの様々なことが関係しています。

加齢による肌弾力の低下

肌のたるみの大きな原因の一つとなるのが加齢によるコラーゲンやエラスチンの減少ですこの二つは肌の弾力を保つために絶対に必要な成分です。肌の内部の真皮はコラーゲンとエラスチンの繊維状からなる二つのタンパク質でできています。真皮がしっかりと保たれることで肌に弾力性がうまれます。加齢によってコラーゲンやエラスチンの量が減少していけば真皮の弾力性が保たれなくなるのでたるみが起きてしまいます。

紫外線による肌へのダメージ

たるみは加齢だけではなくて紫外線のダメージによってもおこります。紫外線の中でも特にUVAは肌の内部まで浸透して影響を与えます。紫外線は真皮までたどりつくと、コラーゲンやエラスチンを作り出す繊維芽細胞という細胞にダメージを与えます。繊維芽細胞がダメージを受けることでコラーゲンやエラスチンは減少してしまい、たるみの原因となります。

表情筋の衰え

表情筋の衰えは加齢でも起こるものですが、普段から表情筋をあまり使わない場合でも衰えていきます。普段からあまり表情がない人やデスクワークをしている人などは表情筋が衰えやすくなります。表情筋を使わないほどたるみの原因となっていくので、普段の生活の中で表情筋を鍛えることを意識していきましょう。

間違った生活習慣

毎日の生活習慣の何気ないことでも肌のたるみの原因となります。

例えば姿勢の悪さです。姿勢が悪くて猫背になっていると肌のたるみが起こりやすくなります。

無意識にしてしまっている「口呼吸」も筋肉た緩んだ状態になるので肌にたるみが起こるようになります。

睡眠時間が短い場合や眠りが浅い場合は寝ている間に分泌される「成長ホルモン」の量が減少するので肌の再生がうまく行われなくなりたるみの原因となります。

毎日の食生活は偏った栄養バランスで脂肪や糖質などを多く摂取していると肌がたるむ原因となってしまいます。

日常生活で出来るたるみ防止と対策

日常生活の中で出来るたるみを防止していく対策方法を紹介していきます。

まずは、生活習慣を見直してみましょう。一番に行っていきたいのが紫外線対策です。

そしてバランスの良い食生活をすることです。大豆食品などを積極的に摂り入れていくことをおすすめします。

タバコの喫煙はしないようにしていきましょう。

夜は十分な睡眠をとってゆっくりと体を休めましょう。

顔のエクササイズをして表情筋を鍛えていくこともたるみ防止として効果的です。

たるみ防止は日常生活の中で毎日意識していくことが何よりも大事なことなのです。

化粧品はプロテオグリカン配合のものがおすすめ

たるみ防止の対策をしていくときはスキンケアも重要になってきます。毎日のスキンケアは保湿をしっかりとしていくことが大切です。減少してしまったコラーゲンを守って生成を促すようなビタミンC誘導体」「ナイアシン」「レチノールなどの成分が配合されている基礎化粧品を使うのもおすすめです。

特におすすめな美容成分は「プロテオグリカン」です。プロテオグリカン配合の化粧品を使用していくことでたるみを防止していくことができます。プロテオグリカンはヒアルロン酸以上の保水力があります。そもそも人間の体にも存在する成分なので副作用などの心配もありません。

プロテオグリカン配合の化粧品は肌のたるみを防止するだけではなくて、シミやシワの肌トラブルにも効果を発揮します。プロテオグリカンはアンチエイジング効果抜群の成分なのです

まとめ

  • 肌のたるみが起こる原因には年齢や生活習慣などの様々なことが関係している。
  • 紫外線対策、バランスの良い食生活、十分な睡眠、顔のエクササイズなどが予防策として挙げられる。
  • 化粧品はプロテオグリカン配合のものがおすすめ。