腸内環境も肌に影響が!敏感肌のメカニズムとは?

敏感肌

あなたは敏感肌ですか?と聞かれたら、自分が該当するのかしらと迷ったことはありませんか?

最近は敏感肌の人が増えているといいますが、どんな状態を敏感肌というのか、実ははっきり分かっていないという人も多いようです。

敏感肌ってどういう状態なのか、その原因やケアの方法もみてみましょう。

敏感肌とは?

皮膚科で診察を受けて「病名は敏感肌です」と告げられることはありません。敏感肌は病名ではないということですが、明らかに困った症状が出ることは間違いありません。

例えば、洗剤や化粧品を使った時に肌が赤くなったり荒れてしまったり、着ている服が原因で刺激を感じるなど、一般の人よりも反応しやすい肌を「敏感肌」と呼んでいます。

肌の異常がアレルギーによるものなら血液検査をして判断がつくのですが、ただ敏感肌というだけなら検査のしようがありません。血液検査をしてもその数値が出てくるわけではないからです。

最近敏感肌を自覚している人が増えているといいますが、これは食生活や住環境の変化精神的なストレスを受けやすい状況も原因になっているといわれています。

敏感肌の場合、肌が乾燥しバリア機能が損なわれているために外から刺激を受けると過剰に反応してしまうことになります。

敏感肌の原因って?

化粧品がしみたり、髪が触れることでかゆみを覚えたり赤くなったりするのはバリア機能が損なわれていると考えられるのですが、これは間違ったスキンケア、栄養不足やアレルギーなどが原因になっている場合があります。

間違ったスキンケアは、肌に合わない化粧品を使うことはもちろん、使用方法を誤ったりすることです。

また、生活習慣の乱れも敏感肌にさせてしまう可能性があります。睡眠不足などにより肌の抵抗力が低下し、多少の刺激でも敏感に反応してしまうことに。

食生活が乱れると十分な栄養が摂取できなくなり、肌にも影響が出てきます。

アレルギーは体質で起こるだけでなく、肌のバリア機能が弱まってしまったために異物が入り込んでアレルギーを起こし、結果的に敏感肌になってしまうこともあります。

体の内と外からケア

敏感肌対策として、肌のケアを行うだけでは十分とはいえません。体の内側からのケアも重要です。

内側のケアとは、食生活の改善です。タンパク質は皮膚の元、しっかりとタンパク質を摂ることで健康な肌を保つことができます。

タンパク質が不足しているなと感じたら、肉や魚、卵、乳製品など動物性のタンパク質を意識して摂取しましょう。特に赤身の肉やレバーは肌の状態を良くする鉄分も豊富ですからおすすめです。

敏感肌

タンパク質だけではなく、肌のターンオーバーを正常に保つためにビタミンAやビタミンC、亜鉛なども摂取しましょう。

雑穀もおすすめです。白米よりも胚芽米や玄米、白米なら雑穀を混ぜて炊いても良いでしょう。乾燥肌対策だけでなく、美肌作りにも役立つ栄養素がたっぷり含まれています。

敏感肌

このように内側からケアし、外側からは保湿をしっかりと行える敏感肌化粧品を使うなどしてケアをしましょう。

腸内環境も大切?

腸内環境が悪い状態だと、肌にも悪い影響があるといわれています。

便秘になると肌が荒れると感じることはありませんか?

便秘により腸内環境が悪くなり、善玉菌よりも悪玉菌が優勢になることが原因です。

敏感肌

腸内は善玉菌と悪玉菌がバランスよく共存することで良い環境を保っているのですが、食事や生活習慣の乱れ、ストレスなどによってもそのバランスが乱れてしまうこともあります。

悪玉菌が増えれば活性酸素が発生し、肌を健やかに保つビタミンB群の合成を妨げてしまいます。美肌のためには腸内環境を整えることが大切です。

そのために、栄養バランスの良い便秘にならないような食事や生活習慣を心掛けましょう。

最近肌トラブルが気になってきた、という人は以前と比較して生活に悪い変化があったということも考えられます。

生活習慣、食生活、使っている化粧品などをチェックし、改めることで敏感肌も改善できるかもしれません。

まとめ

 

  • 一般の人よりも反応しやすい肌を「敏感肌」という
  • 原因は、誤ったスキンケア・バリア機能の低下・生活習慣の乱れ・腸内環境の悪化などさまざま
  • 食事改善や専用の化粧品の使用での対策が効果的