その化粧水、敏感肌を悪化させてる?

%e6%95%8f%e6%84%9f%e8%82%8c%e3%80%80%e5%8c%96%e7%b2%a7%e6%b0%b4

敏感肌向けの化粧水を選ぶ時、自分がどのタイプの敏感肌なのかにも注意しましょう。生まれつきの体質で敏感なのか、それとも生活習慣の乱れや間違ったスキンケアによって敏感になってしまったのか、それによって化粧水選びも異なります。

それぞれに適した化粧水選びを説明していきましょう。

敏感肌の人が気をつけたい化粧水選びのポイント

敏感肌なら「無添加」や「オーガニック」の化粧水が適していると思っていませんか?天然成分なら安心、問題ないと思いがちですが、実は天然成分だからといって刺激が少ないわけではありません。また、一般的に刺激が少ない成分だといわれていても、人によっては刺激になることもあり、すべての人に問題がないというわけではないのです。

敏感肌なら、天然成分かどうかよりも配合成分が少ないシンプルなものを選ぶことが重要です。ただし、敏感肌の改善のためにはセラミドなどの保湿成分が配合されたものに注目しましょう。

体質による敏感肌の場合、アレルギーのように特定の成分に過敏になるケースもあります。もし化粧水など替えた時にしみたりピリピリするなど刺激を感じたら、それと同じ成分の化粧水は避けるべきでしょう。また、アレルギー反応で激しい症状が出る場合もありますから、いつもと違うと感じたら使用を止め、症状が軽くても医師の診察を受けた方が良いでしょう。

化粧水を使用する時のポイント

アレルギー体質の方はもちろんですが、敏感肌を自覚しているのなら初めて使う化粧水をいきなりつけるのは危険です。トラブルが起きないか、必ず腕の内側などに少量つけて様子をみましょう。問題なければ顔につけてみますが、これも少量にとどめておきます。

体質ではなく、後天的な敏感肌の場合は腕につけて問題はなくても、顔につけたらトラブルが起こることがあります。もしピリピリしたり赤くなるなど異変を感じたら、すぐに洗い流して使用を止めた方が良いでしょう。高かったから、もったいなからと我慢して使ってはいけません。こういう事態になるかもしれませんから、化粧水を替える時はまずサンプルをもらって試してみることをおすすめします。

また、化粧水はコットンを使うか、手でつけるべきか迷うかもしれませんが、敏感肌の場合は手でつけたほうがいいでしょう。コットンを使うとどうしても摩擦で肌に刺激を与えてしまいます。

化粧水ならプロテオグリカン配合化粧水がおすすめ

体質的な敏感肌、後天的な敏感肌のどちらにもおすすめの化粧水は、プロテオグリカンが配合されたものです。プロテオグリカンは、保湿成分としてよく知られているヒアルロン酸の130%もの保水力があり、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促進させる効果もあるといわれています。

つまり、プロテオグリカンそのものの保湿力と、プロテオグリカンがサポートすることによって生成されたコラーゲン・ヒアルロン酸の保湿力のWの効果が期待できるということです。ヒアルロン酸、それにコンドロイチンよりも保湿力が高いのですが、ベタつくこともなく使い心地が良いことも特徴です。ですから忙しい朝にはうれしい化粧水ではないでしょうか。

プロテオグリカンは、ヒトの体内にも存在する成分なのでアレルギーが起こりにくく、浸透力もありますから敏感肌でも安心して使うことができます。プロテオグリカンが優れた美容成分であることは早くから知られていましたが、量産が難しく一般的な化粧品に配合されることはありませんでした。価格も非常に高かったようです。

しかし、最近では量産が可能になったため、一般的な化粧品でもプロテオグリカン配合のものが出回るようになりました。敏感肌を改善できる可能性のあるプロテオグリカン、化粧水を選ぶ際にはこの成分にも注目です。

まとめ

  • 敏感肌の改善のためにはセラミドなどの保湿成分が配合されたものに注目。
  • 化粧水を替える時はまずサンプルをもらって試してみる。
  • 体質的な敏感肌、後天的な敏感肌のどちらにもおすすめの化粧水は、プロテオグリカン配合のもの。