敏感肌改善!正しい美容液の選び

%e6%95%8f%e6%84%9f%e8%82%8c%e3%80%80%e7%be%8e%e5%ae%b9%e6%b6%b2

敏感肌は肌が乾燥してしまうことが多く、普段のスキンケアでは物足りないからと、潤い補給に美容液を利用することもあると思います。でも、贅沢な成分がたっぷり配合された美容液なら、さぞかし効果があるだろうと期待して使ったのに、逆効果になる可能性もあるのが敏感肌です。

敏感肌なら美容液に配合されている成分にも注意が必要。敏感肌の方の美容液の選び方、そして使い方についてご紹介しましょう。

敏感肌の美容液選びのポイント

敏感肌を改善するために最も必要なのは「保湿」することです。敏感肌は角質のバリア機能が低下し、肌内部の水分が蒸発しやすくなっています。なので、美容液も保湿成分が豊富に配合されたものを選びましょう。セラミドヒアルロン酸などの保湿成分がおすすめです。

角質の水分を守るための保湿物質は、その50%以上がセラミドなどの角質細胞間脂質ですから、肌表面から保湿成分を補給するにはセラミドが配合された化粧品を利用すると効果的です。

また、逆に配合されていない方が良い成分もあります。それは界面活性剤です。保湿美容液の中には界面活性剤を乳化剤として多く配合されているものもあり、敏感肌の方が使用すると刺激になったり、アレルギー反応を起こしてしまうこともあります。

保湿美容液以外にも美白美容液がありますが、美白成分としてビタミンC誘導体が配合されているものは刺激が強いのでおすすめできません。美白美容液ならビタミンC誘導体ではなく、肌への刺激が少ないプラセンタ配合のものをおすすめします。

美容液を使用する際の注意点

敏感肌なら初めて使う化粧品は、まずパッチテストを行ってから使用を開始するようにします。腕の内側に美容液を塗り、赤くなる、ヒリヒリするなどの刺激を受けないかチェックします。つけてすぐ異常が現れる可能性もありますが、2~3日経ってから異常が出ることもありますから、焦らずに経過を見守りましょう。つけてすぐ反応を見て、何も異常がないから大丈夫だと考えるのは危険です。

美容液の使い方で大切なのは、適量を守りつけ過ぎないことです。美容液はシンプルなものであっても、様々な成分が配合されていますから刺激が強い場合もあります。肌によい成分をたっぷりと与えれば敏感肌もぐんぐん改善する、というわけにはいかないということ。特に肌の調子が悪いなと感じる時は、美容液を使うことが逆効果になる可能性もあります。

プロテオグリカン配合の美容液がおすすめ

最近注目の美容成分「プロテオグリカン」は、敏感肌の方にとって様々な効果が期待できる成分です。敏感肌を改善するために必要な保湿に関して、プロテオグリカン自体に高い保水効果があり、さらに保湿のために効果的な成分としてよく知られているヒアルロン酸とコラーゲンの生成を促進する効果もあります。

また、プロテオグリカンにはターンオーバーを促進させる効果もあるので、皮脂の分泌量も適度に保つことができ、保水料と皮脂量のバランスがよくなる効果も期待できます。このように敏感肌にとってうれしい効果のあるプロテオグリカンですが、効果的に使うには美容液の成分として取り入れるのが一番です。

プロテオグリカンをしっかりと浸透させ、その効果を最大限に引き出すためには、洗顔後なにもつけていない状態の肌につけることが重要です。油分が配合されたスキンケア用品をつけた後では浸透が悪くなるということで、洗顔後基本のスキンケアの前に使う美容液で、プロテオグリカンを取り入れることがおすすめです。

まとめ

  • 敏感肌改善には、保湿のできるセラミドが配合された化粧品を利用すると効果的。
  • 界面活性剤を乳化剤として多く配合されているものや、ビタミンC誘導体は刺激が強いものも。
  • 敏感肌を改善するために必要な保湿に関して、高い保水効果のあるプロテオグリカンがオススメ。