敏感肌のニキビ改善に効果的なベース作り4つのスキンケア方法

敏感肌 ニキビ

乾燥しやすい敏感肌の人はできにくいイメージのあるニキビですが、実は敏感肌だからとニキビができない訳ではないのです。

脂性肌とは少し違った敏感肌のニキビに効果的なスキンケア方法をご紹介します。

敏感肌なのにニキビができてしまう理由

一般的にニキビは乾燥しやすい敏感肌でなく、皮脂の分泌が過剰な状態にある脂性肌と関係が深いようなイメージが強いですよね。

健康な肌は水分と油分が混ざり合った皮脂膜という膜に保護されています。

しかし、外からの刺激や乾燥など何らかのトラブルが原因で炎症が起こり肌の角質層が乱れることになると、肌から水分が失われて毛穴が塞がれて狭くなり、皮脂や角栓が詰まりやすい状態になってしまいます。

その上でアクネ菌が繁殖することが敏感肌にニキビができる原因です。

脂性肌用ニキビケア化粧品はNG

皮脂によってニキビができてしまうという点は同じでも、オイリー肌と乾燥肌では肌質は真逆ですよね。

このことからも、ニキビケア化粧品はそれぞれの肌質に合ったものでなければいけないと言えます。

つまり、乾燥肌に脂性肌用のニキビケア化粧品を使うのは間違いなのです。

乾燥肌のニキビケアではとにかく保水をすることが大切ですが、皮脂が過剰に分泌されてしまう脂性肌では皮脂の分泌を抑える必要があります。

水分が必要なのに脂性肌用のスキンケア商品を使って皮脂の分泌を抑えたり洗顔で皮脂を落としすぎると、乾燥が余計にひどくなってニキビが更に悪化してしまうリスクを高めてしまうので注意しましょう。

敏感肌ニキビに効果的なスキンケアとは

どちらかと言うと乾燥が深刻な敏感肌ニキビに効果的なスキンケアとはどのような方法なのでしょうか。

クレンジング、洗顔、化粧水、乳液といった肌の土台作りの基本となる正しいスキンケア方法をご紹介します。

クレンジング

敏感肌におすすめなクレンジングは刺激の強いものは避け、肌に優しいクレンジングミルクタイプのものです。

クレンジングの後の化粧水や乳液でも保湿はしますが、クレンジングでも保湿成分が配合されたものを選ぶと良いでしょう。

使い方は乾いた手にクレンジングを取り、両手で馴染ませながらクレンジングを温めていきます。

クレンジングは顔に乗せたら内側から外側へと肌の上で円を描くようにくるくると指を回していきます。

最後にぬるま湯で何度もすすいだら完了です。

メイクが濃い目元はクレンジングミルクで落ちなかったら、目元用のオイルタイプのクレンジングを使ってください。

日中はメイクの落ちにくさも重要ですが、摩擦に弱い敏感肌の場合はクレンジングで優しく落とせないほど強力な化粧品は使うのを避けましょう。

【関連記事】敏感肌のクレンジング剤、オススメと注意

洗顔

洗顔をする時には肌に合った無添加の洗顔料を使い、清潔な手で泡立てましょう。

そして、まず皮脂の多いTゾーンに泡を乗せ、洗顔料を円を描きながら他のパーツを含めた顔全体に広げていきます。

洗顔料は長時間顔に乗せ続けると敏感肌には刺激が強すぎるので、目や口などの顔の中でも皮膚が薄いパーツは最後に泡を乗せるようにしてください。

その後にぬるま湯で20回ほど洗い流し、タオルで優しく残った水分を拭き取ります。

洗顔料を使うのはメイクを落とした夜だけで、朝は使用せずにぬるま湯だけの洗顔でOKです。

【関連記事】敏感肌、オススメ洗顔方法と注意

化粧水

化粧水を塗ることは水分と油分のバランスの崩れた肌を整えるのにとても有効ですよね。

化粧水は洗顔が終わってから3分以内に塗っていきます。

塗る時はコットン派と手で塗る派の方がいると思いますが、おすすめは肌への刺激を避けるためにも手で塗ることです。

自分の顔のサイズに合った適量を手に出したら、優しく押して浸透させていきます。

人によって顔の大きさは違うので、化粧水の説明に書いてある量は目安だと思ってください。

また、敏感肌には刺激となるのでパッティングをすることも避けましょう。

【関連記事】敏感肌の人が気をつけたい化粧水選びのポイント

乳液

化粧水の効果を閉じ込めるためにも、油分を含んだ乳液を使うことは有効だと言えます。

乳液をつける時には油分でトラブルを起こさないように、適量を守ってつけます。

顔全体に手の平を使って塗り、効果的に使うのがポイントです。

【関連記事】敏感肌ケアに必要不可欠!乳液の選び方

まとめ

  • 肌から水分が失われて毛穴が塞がれて狭くなり、皮脂や角栓が詰まりやすい状態になった上でアクネ菌が繁殖することが敏感肌にニキビができる原因。
  • 摩擦に弱い敏感肌の場合はクレンジングで優しく落とせないほど強力な化粧品は使うのを避ける。
  • 洗顔料を使うのはメイクを落とした夜だけで、朝は使用せずにぬるま湯だけの洗顔でOK。
  • 人によって顔の大きさは違うので、化粧水の説明に書いてある量はあくまでも目安にする。
    また、敏感肌には刺激となるのでパッティングをすることも避ける。
  • 乳液をつける時には油分でトラブルを起こさないように、適量を守ってつける。

 

Option!
プロテオグリカン配合化粧品まとめ!

管理人が調べたプロテオグリカン化粧品です。

ご購入をお考えの方、まだちょっと悩んでいる方は、成分など詳しく解説していますので、よろしければご覧ください。

>>実際に効果があると言われている化粧品を確認してみよう!

プロテオグリカンランキングページ誘導バナー