敏感肌向けボディ用保湿クリームは低刺激が基本!

敏感肌 保湿クリーム

乾燥肌に必須な保湿ですが、保湿クリームを使ったことによって肌荒れしてしまったら意味がないですよね。

敏感肌でも使える保湿クリームについてご紹介します。

敏感肌が使うべきボディ用保湿クリームとは

敏感肌は保湿クリームを選ぶ時に、成分をよく見ることが大切です。

敏感肌の乾燥しやすい肌には保湿をすることが有効ですが、敏感肌は合わない化粧品の成分も多く、合わなければ逆効果で肌に悪影響を与えることにもなってしまいます。

ボディ用保湿クリームの中で敏感肌が使うべき成分は、ナイアシンやユーカリエキスなどの成分です。

こちらの2つの成分はどちらも皮膚のために欠かせないものです。

だからこそ、皮膚が弱くて刺激や乾燥が肌に出やすい敏感肌にもピッタリなのです。

ビタミンBの一つであるナイアシンは血行を良くしてくれたり、皮膚や粘膜の健康の維持のために有効に働き、細胞が生まれ変わるのをスムーズにしてくれる成分です。

ユーカリの葉から抽出して作られるユーカリエキスには抗菌作用やシミやそばかすを防ぐ効果があり、保湿効果も抜群です。

ユーカリエキスは顔やボディだけでなく頭皮の痒みやフケ対策にも有効で、ボディ用としては保湿クリームとして使われています。

【関連記事】敏感肌ならボディクリームにも気を使うのが常識

おすすめの保湿成分

おすすめの保湿成分はセラミドとそれに併せて使いたいユーカリエキスです。

肌の角質層は潤いを保つのに重要なものですが、その角質層の水分を保つ役割を果たしているのが角質細胞間脂質です。

セラミドは角質細胞間脂質の半分を占めている成分なので、角質層の約4割がセラミドだと言えますよね。

セラミドを外から肌に浸透させて潤いを補うのはとても効果的で、保湿成分であるセラミドによって乾燥肌をしっかりと保湿することが保湿効果や肌のバリア機能を高めるためにも重要です。

また、先ほどもご紹介したユーカリエキスには保湿成分であるセラミドの生成を促す効果があるので、セラミドとユーカリエキスの両方が含まれた保湿クリームを使うようにしたいですね。

ユーカリエキスは潤い成分を角質層の深いところまで浸透させて効果を高めてくれるので、使うことによって肌の潤いが長く続きます。

【関連記事】敏感肌さんが美白化粧品の選ぶ時の3つのポイント

保湿効果を高める塗り方

保湿効果を高める保湿クリームを塗るタイミングは、入浴をした後がベストです。

顔に塗るスキンケア化粧品が洗顔した後に塗るのが効果的だと言われているように、肌が少し濡れている状態の方が効果を高めることができます。

タオルで体を拭く前に体についた水気は軽く払い、手に取った保湿クリームを手の平になじませていき、1つ1つの部位ごとに丁寧にムラなく伸ばしていきます。

ポイントは体に水分を少し残し、それも塗る時に保湿クリームと混ぜていって保湿クリームの伸びを良くすることです。

水分を使うことで保湿クリームを大量に使わなくて良いので、保湿クリームの消費を抑えることができるのも嬉しいですよね。

注意事項としては、タオルで体を拭く前に塗ることと、保湿クリームを塗った後にタオルで拭く時は優しくタオルを押すように拭いていくこととです。

ゴシゴシこすって摩擦を起こしたり、せっかく塗った保湿クリームをタオルに持って行かれないように注意してください。

【関連記事】敏感肌のための正しい保湿方法と注意点まとめ

敏感肌にはオイルは効果なし?

敏感肌とはお肌のバリア機能が低下していて、皮脂が少なく、ちょっとした刺激や体調の変化に『敏感』に反応してしまうお肌の状態の事です。
言ってみれば、乾燥肌の症状がひどい状態とも言えます。
まら、オイリー肌とは間逆なのだから、油分であるオイルを使えば乾燥肌が治るのでは?と思う人も少なくありません。

しかし、オイルを使っても乾燥肌が治る人はほとんどいません

実は皮脂には肌を保護する効果はあっても乾燥肌を解決させるような効果には期待はできず、そういった意味で乾燥肌が本当に補うべきものはオイルではないと言えます。

乾燥肌をしっかり保湿したいなら、お肌のバリア機能を元通りにする事が大事です。成分としてはセラミドがおススメです。

肌を保水することは肌の乾燥を防ぐために重要なことですが、保湿クリームはそれに加えてその効果にフタをしてくれます。

したがって、敏感肌が選ぶならオイルではなく、セラミドなどの保湿成分が豊富に含まれた保湿クリームが正解だと言えます。

【関連記事】敏感肌のための正しい保湿方法と注意点まとめ
【関連記事】セラミドをキープ?プロテオグリカン原液の効果には濃度が関係あり?

まとめ

  • ボディ用保湿クリームの中で敏感肌が使うべき成分は、ナイアシンやユーカリエキスなどの成分。
    おすすめの保湿成分はセラミドとそれに併せて使いたいユーカリエキス。
  • 保湿効果を高める保湿クリームを塗るタイミングは、入浴をした後がベスト。
    ポイントは体に水分を少し残し、それも塗る時に保湿クリームと混ぜていって保湿クリームの伸びを良くすること。
  • オイルを使っても乾燥肌が治る人はほとんどいない。
    敏感肌が選ぶならオイルではなく、セラミドなどの保湿成分が豊富に含まれた保湿クリームが正解。