プロテオグリカンが体内で果たす役割~美容効果の可能性~

プロテオグリカン口コミ画像

皆さんは、プロテオグリカンが健康や美容にとても有益であるという事を、ご存じですか?

プロテオグリカンはヒアルロン酸に比べ、およそ130%もの保水力を誇る事から、美を追求する多くの女性の心強い強い味方ですよね。

今回は、プロテオグリカンが体内で果たす役割の中でも、特に美容をテーマに言及していきたいと思います。

プロテオグリカンの体内での役割

プロテオグリカンとは、タンパク質にグリコサミノグリカンという糖鎖が結合した物質の事です。
グリコサミノグリカンはムコ多糖のことで、関節の悩みに良いと言われる「コンドロイチン」もムコ多糖の一種です。
一般的にプロテオグリカンに結合しているグリコサミノグリカンは「コンドロイチン硫酸」が多いそうです。

プロテオグリカンには、「美肌効果」「関節症の症状緩和効果」「炎症抑制効果」「生活習慣病の予防・改善効果」という、4つの効果が期待できます。
その中でも、女性が最も気になるプロテオグリカンと肌の関係について、さらに詳しく見ていきましょう。

プロテオグリカンと肌の関係

人の肌は、表皮、真皮、皮下組織から成っています。
そのうちの真皮を支えているのがプロテオグリカンです。
プロテオグリカンは、もともと体内に存在している物質で、この物質が多いほど肌の保水力が上がります。

分かりやすく、家に例えてみましょう。
家の壁を肌とすると、支える柱がコラーゲンです。
プロテオグリカンは、その、柱と柱の間を埋める壁という事になります。
柱であるコラーゲンをしっかりと支え、肌を根本から若返らせてくれるのです。

プロテオグリカンが体内で起こす美容作用

プロテオグリカンは体内で、コラーゲンやヒアルロン酸と「マトリックス」を作る事で、身体組織や皮膚組織を維持しています。
その結果、保湿効果、コラーゲンの促進効果、ターンオーバー効果、炎症抑制効果など、肌にとって非常に良い美容作用を引き起こします。

次は、プロテオグリカンのエイジング効果についてお話ししましょう。

プロテオグリカンとエイジング効果の関係

年齢を重ねるにつれ、肌の水分や弾力はどんどん失われていきますよね。
そこで、活躍するのがプロテオグリカンです。
プロテオグリカンには、毛細血管から出た酸素や栄養素、ホルモンを保持し、必要な物質を必要としている場所に届けるといった働きがあります。

プロテオグリカンが体内に十分蓄積されると、加齢による老化を防げるという事ですね。

ですが、優秀なプロテオグリカンも、体内で作り出すには限界があります。
そこでおすすめしたいのが、プロテオグリカンが配合された化粧水等を使用する事です。
確かな美容効果が実証されていますから、期待度も大きいですよね!

プロテオグリカンと化粧品

今、プロテオグリカン配合の化粧品が注目を集めています。
肌の乾燥を防いで弾力を維持してくれるため、いつまでも美しく輝き続ける事ができます。
また、炎症抑制効果もあるため、ニキビなどの肌荒れも防いでくれます。
思春期の悩みの種であるニキビも、プロテオグリカンで予防する事が出来るのです。

このように、プロテオグリカンが配合された化粧品を使用すると、皆さんの肌を健やかに、そして美しく保つという事が分かりますね。

まとめ

  • プロテオグリカンはコアたんぱく質と糖鎖(コンドロイチン)が結合した物質
  • プロテオグリカンには「美肌効果」「関節症の症状緩和効果」「炎症抑制効果」「生活習慣病の予防・改善効果」という、4つの効果が期待できる
  • プロテオグリカンの美肌効果を期待するならば化粧品で補うのがベスト

 

Option!
プロテオグリカン配合化粧品まとめ!

管理人が調べたプロテオグリカン化粧品です。

ご購入をお考えの方、まだちょっと悩んでいる方は、成分など詳しく解説していますので、よろしければご覧ください。

>>実際に効果があると言われている化粧品を確認してみよう!

プロテオグリカンランキングページ誘導バナー