敏感肌のための正しい保湿方法と注意点まとめ

敏感肌 保湿

敏感肌の原因は、肌が乾燥することにあるといわれています。肌が乾燥することにより肌表面の角質層が乱れ、バリア機能が低下して外からの刺激に弱い肌になってしまいます。

守る力が落ちてしまうということで、化粧品がしみてピリピリしたり肌が荒れやすくなってしまう、これが敏感肌の状態です。

つまり、敏感肌対策として最も重要で効果的なケアは「保湿」ということになります。でも、十分に保湿を行っているのに、すぐに乾燥してしまうという悩みを持つ敏感肌の人も多いようです。

正しく保湿するためにはどうすればいいのでしょうか?

保湿成分を角質層に届けることが大切!

乾燥を防ぐために十分な保湿はできているはず、と思っていても実は間違った方法である可能性もあります。

とにかく水分を与えれば良いと、化粧水をバシャバシャと浴びるようにつけても効果を実感できていないのでは?

たっぷりと水分を与えているつもりでも、角質層まで届かなければ意味がありません。保湿が必要なのは皮膚の表面ではなく、角質層だということです。

そして、なによりも大事な事は肌の水分をキープする事。お肌の水分をキープしているのは、角質層の角質細胞とその周りの角質細胞脂質です。その成分はセラミドや天然保湿因子(NMF)で、これらは化粧品の保湿成分としてもよく知られています。

この部分に十分な水分を与えることで肌はうるおいを逃さずにキープすることができ、乾燥肌、敏感肌を改善できるでしょう。保湿をする場合も、肌の保湿成分と同じセラミドやNMFを配合した化粧水や美容液がおすすめです。

保湿をするタイミングと方法

保湿はより効果的に、ベストなタイミングで行いましょう。敏感肌の人はもちろん、どんな肌質の人でも保湿にベストなタイミングは入浴直後です。

お風呂から上がった肌は、どんどん水分を蒸発させてしまいます。お湯を浴びたり浸かったりして、しっとりしているように感じますが、非常に無防備で危険な状態だといえるでしょう。

お風呂から上がり、まだ肌がしっとりとしているうちにすぐに化粧水、クリームやオイルで保湿しましょう。化粧水やクリーム、美容液をつける時は、コットンを使うよりも手を使った方が刺激にならずなじみも良いようです。

コットンは柔らかいようでも、肌に刺激を与え傷をつけてしまう可能性があります。手の平を使い優しくなじませることで、余分な力が加わることもなく刺激を与えず浸透させることができます。

また、化粧水は一度につけてしまうのではなく、少しずつ何度も肌に入れていくような気持ちでつけると効果的です。化粧水を叩くようにつけてしまう人もいますが、それではしっかりと浸透しにくいものです。

染み込ませるようにじんわりとなじませること数回、手の平に肌が吸い付くような感じになるのが理想です。

乾燥がひどいときのスペシャルケア

通常のケアでは効果が感じられないなど、乾燥が深刻な状態になることもあるでしょう。例えば冬場など空気が乾燥する季節や、エアコンの効いた室内で過ごすことが多くなる夏場など、乾燥がひどすぎて化粧水が浸透しにくくなったり、美容液もなじまないことがあります。

そんな時はスペシャルケアがおすすめです。肌に密着させる保湿パックを使えば、水分、保湿成分、美容成分をしっかりと浸透させ乾燥した肌をうるおしてくれます。

ただ、保湿パックは選び方を間違えると逆効果になるので注意が必要です。シートタイプは手軽に使えて便利なのですが、いつまでも貼りつけたままでいるとシートが乾燥してしまい、逆に肌の水分を奪ってしまうことになります。ですから、シートがチョット乾いてきたなと感じたら、そこでケアを終わりにしましょう。または安心して使えるシリコンタイプや、クリームタイプの保湿パックがおすすめです。

また、美容液やクリームを使う際に、そのままマッサージしても乾燥を改善することができます。コツは力を入れ過ぎず、優しくなでるように、短時間で終了させましょう。

まとめ

  • 保湿が必要なのは皮膚の表面ではなく、角質層
  • 入浴直後に保湿ケアを
  • 乾燥が酷い時には保湿パックでスペシャルケア

 
【関連記事】敏感肌ならボディクリームにも気を使うのが常識