顔の印象を左右する!眉間のしわを徹底予防!

%e7%9c%89%e9%96%93-%e3%81%97%e3%82%8f

目元や眉間は、顔を印象付ける大切なパーツです。それだけに、特に眉間にしわがあると「ちょっと怖そうな人?」という印象を他人から持たれてしまうこともあるでしょう。今回は、眉間のしわの予防と改善についてのお話です。

眉間のしわの対策

眉間にしわができる原因は、”表情グセ”、”乾燥”、”コラーゲン不足”に大別することができますので、それぞれの対策についてご紹介することにします。

表情グセによるもの

難しいことを考える機会が多かったり、パソコンやスマホなどの操作が多い方の場合では、ついつい意識がそれらに集中し、いつの間にか眉間にしわを寄せていることがあるのではないかと思います。これはパソコンやスマホに限った事ではなく、近くの物を集中してみていると生じる現象です。
そして、このときに作られた表情が一時的なものであれば、そのまましわとして眉間に残ってしまう心配はありませんが、これが表情グセになってしまった場合では、眉間のしわとして刻まれてしまうことになります。

これを改善するためには、合間合間で休憩をとりリラックスしましょう。目を大きく開いたり、遠くを見たりして目の周りをリラックスさせるだけでも効果的です。
自宅で実践できる改善方法はサージカルテープを就寝時に眉間に貼るという方法が最もお手軽で、すぐに実践することができる方法です。
また、美容鍼やボトックス注射という方法もありますが、これらは費用が高額であるというデメリットを持っています。

乾燥によるもの

目元や口元、ほうれい線などは目立ちますので、小じわのできはじめで直ちにケア開始する方が多いのではないでしょうか?ところが、眉間は案外地味な部分であるため、ケアがおろそかになりがちです。

そのため保湿不足になることも多く、これがしわを作り出す原因になることがあります。毎日の保湿は、しわ予防に欠かすことができないケアですので、保湿を行うのであれば、眉間の保湿も忘れずに行いましょう

コラーゲン不足によるもの

コラーゲンはもともと私たちの体内に存在している成分ですが、年齢とともに減少するという特徴を持っています。そして、コラーゲンが不足すると、コラーゲンと連携を取りながらハリや潤いをキープする働きを持つヒアルロン酸エラスチンが十分に力を発揮することができず、コラーゲンが減少した部分からしわが生じやすい状態となって行きます。

コラーゲンの不足は年齢とともに避けて通ることはできませんが、紫外線対策を行うとともに、コラーゲン含有率の高い手羽先やカレイ、ヒラメのエンガワ、豚足、スペアリブなどを摂取することにより、コラーゲン不足をある程度まで解消することができます。

また、ビタミン類は細胞の老化防止に欠かすことのできない栄養素であり、とりわけビタミンCは抗酸化作用を持っているため、コラーゲンを含む食品を摂取するのであれば、同時に摂取しておきたいところです。ただし、これらの成分を含む食品ばかりを摂取していても、栄養バランスが偏っていたのであれば意味がありません。
普段から、できる限り栄養バランスの整ったメニューづくりを心掛け、眉間のしわの予防や改善を行ってみて下さいね。
化粧品はコラーゲン配合の物がおススメで、エラスチン等が配合されていればよりベストです。

眉間のしわ予防マッサージ(エクササイズ)

眉間のしわの予防や改善に効果的なのが、エクササイズです。マッサージだけでも眉間のしわを予防や改善を行うことができますが、眉間の筋肉を動かすエクササイズは、それ以上に効果を期待することができます。

方法はとても簡単、目をパッチリと大きく見開いた状態で5秒間静止、次に、ゆっくりと薄目の状態にして、ここでも5秒間静止します。これを1日に何度も繰り返し行ってみて下さい。この方法はとても簡単でいつでもどこでも行えますし、時間もかかりませんので長続きさせることができます。

行った直後から効果が現れるというものではありませんが、毎日根気よく行うことにより、徐々に眉間のしわが改善されていくはずですよ。
また、眉間のしわ予防にも役立ちますので、ぜひ、実践してみて下さいね。

まとめ

  • 眉間にしわができる原因は、”表情グセ”、”乾燥”、”コラーゲン不足”!
  • 眉間の保湿や栄養バランスの整った食生活を意識しましょう。
  • マッサージを毎日根気よく行うことにより、徐々に眉間のしわが改善。

 

Option!
プロテオグリカン配合化粧品まとめ!

管理人が調べたプロテオグリカン化粧品です。

ご購入をお考えの方、まだちょっと悩んでいる方は、成分など詳しく解説していますので、よろしければご覧ください。

>>実際に効果があると言われている化粧品を確認してみよう!

プロテオグリカンランキングページ誘導バナー