しわができるメカニズムを知ってお肌のケアを完璧に!

しわ メカニズム

どのようなシワであっても、シワができるのにはきちんとした理由があります。

今回は2種類のシワについて、それができるメカニズム、そして、シワができてしまったときの対処法についてご紹介していくことにします。

シワの種類

表情ジワ

しわ メカニズム
私たちの顔は、感情の変化によってさまざまに表情が変わります。そして、このようなときには、多かれ少なかれ、顔の中のどこかにシワがよります。そして、真皮層に存在しているコラーゲンなどが減少していない10代、20代では、一時的にシワができたとしても、それは時間の経過とともに自然に消えていきます。

ところが、真皮層の美容成分が減少する年齢になると、表情の変化によって現れたシワがそのまま定着し、無表情でいるときにも、そのシワがお肌から消えなくなってしまいます。これを、表情ジワといいます。

乾燥ジワ

しわ メカニズム
乾燥ジワとは、文字通りお肌の乾燥によって起こる可能性のあるシワで、表皮性または真皮性に分類することができます。

表皮性シワは、表皮の角質層の水分が不足したことによって起こり、一般的に”ちりめんジワ”と呼ばれているのが、このタイプのシワです。このシワは、1本ごとに細かくて細いという特徴を持っていますが、これが複数でき始めるとやがてそれらはつながり、1本の大きなしわになってしまうことがあります。

これに対して真皮性シワの場合では、真皮に存在するコラーゲンなどの美容成分が減少して、お肌の弾力が失われることによって起こるシワです。

原因と対策

しわ メカニズム

表情ジワ

表情ジワは表情の変化によって起こるものですので、普段の表情の癖を治すのがいちばんの対策法となります。とはいえ、癖になっている表情はなかなか改善することが難しいと考えることができますので、マッサージエクササイズで顔の筋肉を鍛えていくという対策を行うとよいでしょう。

そして、忘れてはならないのが保湿です。保湿はどのようなタイプのお肌であっても必ず行う必要があるケアであり、特に表情ジワができやすくなったと感じたのであれば、高い保湿・保水成分「コラーゲンやエラスチン」が配合された化粧品でお肌に栄養を補ってあげることが大切です。

また、紫外線はお肌を乾燥させますので、万全な紫外線対策を行うことも、表情ジワの改善に役立ちます。

乾燥ジワ

一気に強い紫外線を浴びたときなどに起こりやすくなりますが、若いときに浴びた紫外線が年月の流れとともにシワとなって現れてくることがあり、これを経年変化と呼びます。

まず、表皮性ジワの場合では、紫外線によってお肌の水分が奪われたときに現れることが多いため、何はともあれ、しっかりと保湿を行うことが一番の対策となります。

ここで、特に注意したいのがお風呂上がりです。お風呂から出た直後にはまだお肌に水分が残っているため、慌てて保湿を行う方は少ないのではないかと思います。ところが、お肌に残っている水分の蒸発スピートは思った以上に早く、わずか5分ほどでお肌から蒸発していきます。

つまり、お風呂上がりの5分以内が勝負であるということですね。お風呂上がりにはできる限り早めの保湿を行い、お肌の水分蒸発を防ぎましょう。

そして、問題は真皮性シワです。このシワは長い年月を経て表面に現れてきたものであるため、そう簡単に改善することはできません。ですが、ビタミンC誘導体などの抗酸化作用を持つ成分やヒアルロン酸やプロテオグリカンなどの保湿成分配合の化粧品でケアを行うなどの対策をとれば、多少なりとも改善の兆しは現れてくるはずです。

真皮性シワは、改善までに時間がかかりますが、諦めずに毎日コツコツとケアを続けてみましょう。

また、食品からビタミンCを多めに摂取することも、真皮性シワの改善に役立ちます。ビタミンCには抗酸化作用がありますので、紫外線による活性酸素の発生を抑えてくれるばかりではなく、美白効果も狙うことができます

ビタミンCはイチゴキウイフルーツアセロラなどのフルーツや、ブロッコリー赤ピーマンなどの野菜にも含まれていますので、毎日の食卓に上手に取り入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • 真皮層の美容成分が減少しシワが定着してしまうのが表情ジワ、乾燥によって起こる可能性があるのが乾燥ジワ。
  • 表情ジワは表情の癖を治すのが一番で、マッサージ等で顔の筋肉を鍛えるのが良い。
  • 乾燥ジワはお風呂上り5分以内に保湿し、お肌の水分蒸発を防ぐのがベスト。
  • シワ対策におススメの成分はコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸・プロテオグリカン・ビタミンC誘導体など