笑うとほうれい線が深くなるのはウソ?本当?

ほうれい線 笑う

笑うと笑いじわができることから、笑うことでほうれい線が深くなるのでは?と思っている方も多いのではないでしょうか。

実は本当は笑うことでは深くならない、ほうれい線と表情筋の関係についてご説明します。

笑っちゃだめはウソ?

ほうれい線ができないようにするためには笑っちゃだめだと思うかもしれませんが、笑っちゃだめなのは結論から言うとウソだということになります。

ほうれい線ができる本当の原因は乾燥や不規則な生活習慣、加齢によって顔の筋力が衰えることで、顔の表情を変えることはしわの原因には入っていないのです。

笑うのはとっても良いことなので、笑うとほうれい線が深くなってしまうかもと心配していた方も安心して笑顔で生活してくださいね。

表情筋について

笑うと顔がくしゃっとしてしわができることからも笑うとほうれい線ができるというデマも流れていますが、逆に笑うことはほうれい線を深くしないためにも良いことだと言えます。

表情が変わらない=顔がくしゃっとしないことからしわの癖付けがされないというように思いがちですが、顔の表情が変わらない人は顔の筋力である表情筋もどんどん衰えていってしまいます。

ほうれい線 笑う
体に筋肉があると重いものを持ち上げることができることからもわかるように、顔の筋力が衰えてしまうと重力に負けてしまい、それが肌のたるみの原因になってしまいます。

ほうれい線の原因に加齢やそれによる筋力の衰えが挙げられているように、表情筋が衰えてしまうと肌がたるんでボリュームのある皮膚や脂肪を支えられなくなり、その重みによって深いほうれい線ができてしまうのです。

このようなことからもよく笑って表情筋をたくさん動かしている人は、年齢を重ねても筋力が落ちにくいということがわかりますよね。

表情筋を動かすためにも顔全体で大きく笑うことはほうれい線を深くしないだけではなく、筋力をアップさせて薄くする効果があります。

笑顔でいることは人からの印象も良く、自分も楽しい気持ちになれます。

それだけでなく肌のハリを保つアンチエイジングの効果もあるのは嬉しいことですよね。

ほうれい線を予防・解消するマッサージ法

表情筋を上げるエクササイズ

ほうれい線 笑う
毎日自然な笑顔でいてたくさん笑うことも表情筋を鍛えるのには効果的ですが、それだけでは顔の筋力をアップさせるためにはまだ不十分です。

顔の筋力をしっかりアップさせてほうれい線を予防するためには、いつも笑顔でいることにプラスして表情筋のエクササイズをしていくことが大切です。

表情筋を鍛えるエクササイズとしては、ベロ出し体操やいう体操などが有名です。

ベロ出し体操

ベロ出し体操は舌を回して口の周りの筋肉を鍛える体操です。

やり方は口を閉じたまま舌で歯の表面をなぞるようにしながら左に20回回し、次は右に20回回します。

これを1セットとして、1日で3セット行います。

いう体操

いう体操は顔の表情筋の筋力がアップする体操です。

やり方は口角を大きく上げ、「い」と言う時の口の形にします。

次に、「う」と言う時の口の形にするように大きく口を尖らせていきます。

「い」の口の形と「う」の口の形を繰り返しながらこれを3分間行います。

ポイントは大げさなくらい大きく口の形を変化させることと、ゆっくりと行うことです。

最初は自分の口の形がきちんとその形になっているかや動きを確認するためにも、鏡を見ながらゆっくり丁寧に行ってみてください。

いう体操の他には「あいう体操」や「あいうえお体操」もあります。

 

これらのエクササイズによって表情筋をアップさせることができれば、日常生活で自然に笑う時にも大きく笑うことができるようになり、将来ほうれい線が深くなるのを予防することができます。

ほうれい線が薄ければ見た目が若く見えるなどの良いことがあるので、これからは顔のたるみを解消させるためにも大きく笑うことを意識したり、表情筋をアップさせるエクササイズを始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • 笑うとほうれい線が深くなる、はウソ。
  • 笑うことはほうれい線を深くしないためにも良いこと。
  • ほうれい線を予防するためには、いつも笑顔でいることにプラスして表情筋のエクササイズをしていくことが大切。