眉間にシワ寄せてない?表情ジワができる原因はコレ!

表情ジワ 原因

その人の表情の癖によって作られるしわを、表情ジワと呼びます。

欧米人に比べ、日本人は表情が乏しい人種であるといわれていますが、それでも常に無表情で過ごしている方はまず存在していないはずですので、誰にでもできる可能性があるのが表情ジワであると考えることができます。

表情ジワの原因とは?

表情ジワ 原因
私たちは日々、さまざまなことで喜んだり、笑ったり、怒ったりしており、そのシーンごとに表情は変わります。
特に驚いたときには目をパッチリと見開くことが多いのではないかと思いますが、このときには、ご本人が意識していなくても、自然に額にシワが寄っています。
また、笑うと自然に目尻にシワが寄りますよね? 大きな口を開けて笑えば、ほうれい線もくっきりと現れます。
そして、そのような表情は、真皮層に存在するコラーゲンエラスチンなどの美容成分が十分な状態であれば、それらの成分が持つ弾力性によって、自然に消えてなくなります。
ところが、これらの美容成分が減少してしまうと、真皮層の弾力性は弱まり、一旦ついたシワの跡が元の状態に戻りにくくなります。そして、このような表情の変化が繰り返されるうちに、やがてそれは表情ジワとしてお肌に残ることになります。

表情ジワはどこにできやすいの?

表情ジワ 原因
表情ジワは、顔の中でも筋肉の運動が多い額、眉間、目尻、口元に現れやすくなります。
たとえば、携帯電話やスマホを真剣に操作しているときにありがちなのが、眉間にシワを寄せる表情です。小さな画面をじっと眺めているうちに、いつしかしかめっ面になっていると自覚したことのある方は多いのではないでしょうか?
また、目尻の細かいシワはちりめんジワと呼ばれ、俗にカラスの足跡といわれることもありますね。目尻のシワは、笑うことが多い方に現れやすいといわれていますが、それだけではありません。目尻や目の周囲はもともと皮膚が薄くて乾燥しやすいため、そもそもシワができやすい部分です。
そして、上目遣いが癖になっている方では額に表情ジワ、また、口元も皮膚が薄い部分である上によく動かす場所ですので、表情ジワができやすいと考えられています。

表情ジワの改善方法

表情ジワ 原因
できてしまった表情ジワは、なかなか改善することができません。それだけに、ケアを行ってもなかなか改善されずに諦めてしまう方も多いことでしょう。
そのような方は、ボトックス注射を試してみてはいかがでしょうか?ボトックス注射は、ボツリヌス菌が持つ筋弛緩作用を利用して、注射部分の筋肉運動を妨げる働きをしますので、表情ジワの改善に高い効果発揮します。
ただし、ボトックス注射には永続的な効果を期待することができず、およそ3カ月~6カ月程度でその効果は失せてしまいます
また、深く刻まれたシワにはヒアルロン酸注射がおススメですが、ヒアルロン酸もまた、効果が永続的に続くものではないため、定期的に注射を行う必要があります。

しわになりそうなところは入念に保湿!

表情ジワ 原因
いったん表情ジワができてしまうと改善が難しくなりますので、そうならないためにも、表情ジワができそうな部分を念入りに保湿し、常にお肌を保護しておくことが大切です。
特に皮膚が薄い目元や口元は、油断しているとすぐにシワができてしまいますので、お風呂上がりや洗顔後には必ず保湿を行い、保湿効果の高いセラミドプロテオグリカンヒアルロン酸などを高濃度で配合している化粧水でケアを行いましょう。
また、化粧水をつけたら、必ず乳液やクリームでお肌を保護し、化粧水の水分蒸発を予防する工夫を行うことも大切です。
化粧水をお肌に馴染ませるタイミングは、お風呂上がりや洗顔後5分以内です。それ以上何もしないままでお肌を放置しておくと、水分がどんどん奪われて乾燥してしまいますので、表情ジワの原因になりますよ。

乾燥肌さんの保湿には「保湿美容液」を使ってみるのが良い?その理由とは?
プロテオグリカン配合化粧品!美肌効果の気になるメカニズムとは

まとめ

  • 真皮層に存在するコラーゲンやエラスチンなどの美容成分が減少することでしわになる。
  • 表情ジワの改善に有効なのは、ボトックス注射やヒアルロン酸注射がある。
  • 表情ジワが出来そうな部分は念入りに保湿。