その場しのぎじゃ駄目!口元のしわの原因と種類別改善方法

口元のしわ 改善

鼻の下のしわやほうれい線、ブルドッグラインにマリオネットライン。
口元に現れるしわには、こんなに多くの種類があります。

そしてこれらは、乾燥ジワ、表情ジワ、筋肉老化ジワにそれぞれ分類することができ、どれも放置しておくと、やがて深いしわに発展してしまう可能性が広がります。

口元のしわの種類って?

それでは、乾燥ジワ、表情ジワ、筋肉老化ジワの特徴について考えてみることにしましょう。

乾燥ジワ

特に乾燥肌が顕著に現れやすいのは、外気の水蒸気が不足しがちになる冬場で、ひどい乾燥肌の方の場合では、お肌に痒みが生じたり、粉吹き状態になったりすることがあるのではないかと思います。
そして、このような状態が起こると即座に保湿を行う方が増えます。ですが、お肌に乾燥が起こる原因はこの限りではなく、冬や夏の冷暖房による空気の乾燥が乾燥肌を招き、口元のしわを作り出す原因になることがあります。乾燥ジワは、細かいちりめん状に現れるという特徴を持っています。

表情ジワ

ほうれい線眉間のしわが、このしわに分類されます。表情ジワはほうれい線や眉間のほか、目尻や額に現れやすく、表情の癖によってできたしわであるため、ひとたびできてしまうと改善が難しいといわれています。

筋肉老化ジワ

ブルドッグラインマリオネットラインが典型的な例です。このようなしわができる原因は、長年筋肉を甘やかしてきたことによる筋力の低下です。また、このタイプのしわの改善には時間がかかりますので、改善を行う場合には気長に取り組む必要があります。

口元のしわの改善方法

それでは、具体的な口元のしわ改善方法をご紹介していくことにしましょう。

乾燥ジワ

空気が乾燥する季節でなくても、なんとなくお肌がゴワゴワとした感じになって小ジワができやすいと感じたのであれば、まずはターンオーバーの正常化を試みてみましょう。乾燥肌が進むと角質層が分厚くなり、それがまた乾燥肌を悪化させる原因となります。
それにはまず、古くなった角質層を取り除き、たっぷりと保湿を行う必要がありますので、週2回のピーリングと保湿ケアを行うとよいでしょう。
ピーリングは、美容外科や美容皮膚科でケミカルピーリングを受けるという方法もありますが、市販のピーリング剤の中にも高性能な製品がありますので、まずは市販品で試してみて下さい。おススメはAHA石鹸、またはフルーツ酸配合のピーリング剤、そして、セラミドを高濃度で配合している化粧水とクリームでのケアです。

表情ジワ

特に眉間にシワができてしまうと人相が悪く見えてしまったり、怖そうな人だと勘違いされたりと、いいことがありませんよね。ですが、いったん眉間にできた表情ジワをセルフで改善することは難しいと考えられますので、ひとまずボトックス注射を受けてみて下さい。ボトックス注射には永続的な効果を期待することはできませんが、何度か注射を受けているうちに、眉間の筋肉がその形状を記憶するようになり、高い確率でシワを改善することができます
また、ほうれい線に関してはヒアルロン酸注射がおススメです。

筋肉老化ジワ

口元の筋肉が長年運動をサボったことによってできたしわですので、エクササイズを行うのがいちばんの改善策となります。エクササイズと聞くと面倒だと感じてしまう方も、次のエクササイズはとても簡単ですので、ぜひ、実践してみて下さい。

  1. まず、口を少し開き、上下の唇を内側へ巻き込みます。
  2. [1]の状態で口角を自力で上に引き上げてみましょう。
  3. そして、この状態で8秒間キープし、ゆっくりと元に戻します。

口元の筋肉がサボっている方ほど辛いのではないかと思いますが、このエクササイズを5回程度行うと、口元だけではなく、頬にも軽い疲労感が現れます。つまり、筋肉がきちんと運動を行えたということですね。これを毎日行うことによって口元と頬の筋肉が鍛えられ、ブルドッグラインやマリオネットラインの改善に役立ちます

まとめ

  • 乾燥や表情癖、口元の筋力が低下したことによりシワが刻まれる。
  • 乾燥肌は、週2回のピーリングと保湿ケアを行う。
  • ブルドックラインが気になる場合は、口元の筋力アップのため毎日エクササイズを欠かさないこと。