小シワ改善!アイクリームの効果的な使い方

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%80%80%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b9

目元のシワは、ケアが早ければ早いほど、改善効果も早く現れます。そのためには、アイクリームの特徴を知り、正しい方法でつけることを心がけなくてはなりません。

それでは、アイクリームの正しいつけ方をご紹介することにしましょう。

目元のシワに効くアイクリームって?

アイクリームは、メイクやクレンジングなどによってストレスを受け続けている目元をケアする製品で、どれも一般的なクリームよりも高い保湿効果を持つ成分の配合量が多いという特徴を持っています。というのは、顔の中でも目元は特に乾燥しやすい部分であるため、保湿効果が高い成分配合を目元に補うケアが必要だからです。

また、アイケア製品にはアイクリームのように濃厚なクリームタイプとなっているもののほか、ローラーで転がしながらピンポイントで目元につけて行く美容液タイプのものもあります。また、アイクリームに配合されている成分には、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が配合されているものが多いという特徴を持っています。

アイクリームの正しい使い方

アイクリームは基礎化粧品に分類されますが、基礎化粧品にはつける順番、どこからつけるかや塗り方などポイントがあります。このポイントをしっかりと頭の中に入れておきましょう。

つける順番

基礎化粧品には、化粧水、美容液、乳液、クリームなどがあり、水の配合率が最も高い化粧水をお肌に馴染ませたあと、美容液、乳液、クリームの順番につけていきます。

%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%82%a2%e9%a0%86%e7%95%aaまた、基礎化粧品の中でもアイクリームは最も水の含有率が低く、濃厚な保湿成分が配合されていますので、いちばん最後にお肌につけて馴染ませます。

たとえば、間違えてアイクリームをいちばん最初につけてしまった場合では、目元にアイクリームの膜ができている状態ですので、その上から化粧水をつけると水分や配合成分がお肌に吸収されないという事態になってしまいます。基礎化粧品は水分含有量が多い順番につけていくこと、まずはこれを覚えておきましょう。

どこからつける?

まず、アイクリームを中指に取り、目の周囲に数カ所、点のように乗せて行きます。次に、下まぶたの目尻側から優しく目頭の輪に向かって伸ばして行きます。目頭まで塗ったら、いったんここで、アイクリームを目頭に馴染ませます。
続いて、目頭から上まぶたを通って、目尻まで伸ばして行き、最後にこめかみまで流して終了です。

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0-%e5%a1%97%e3%82%8a%e6%96%b9
これは、リンパを意識した塗り方で、耳のリンパ節に老廃物を流して目元をスッキリとさせる方法ですので、目元のシワの予防や改善に役立ちます。この流れでアイクリームを塗らないと、老廃物を耳のリンパ節に流すことができなくなりますので、この塗り方はきちんとマスターしておいて下さいね。

塗り方

アイクリームは、力を入れずに塗るのが鉄則です。というのは、目の周囲の皮膚は非常に薄いため、余分な力が加わってしまうと逆効果になってしまうことがあるからです。また、目元の乾燥がひどい場合や眼精疲労が気になるとき、なんとなく目元を冷たいと感じるときなどには、目元に血行不良が起こっている可能性がありますので、アイクリームをつける前に、蒸しタオルなどを目元に当てて温めたあとに、アイクリームを塗るという方法がおススメです。

また、アイクリームをつけ終わったあとには余計なマッサージで目元を傷つけてしまう行ってしまうと、お肌に摩擦が加わって角質層が傷ついてしまうことがあり、さらに、余分な力が加わってしまうと皮下の毛細血管が断裂し、血行不良を招く原因になることもあります。アイクリームはつける順番をきちんと守って優しくつけ、つけ終わったあとには余計なマッサージで目元を傷つけてしまうことがないよう、十分に注意しましょう。

まとめ

  • 基礎化粧品は水分含有量が多い順番につけていくこと
  • アイクリームは、リンパを意識した塗り方で、耳のリンパ節に老廃物を流して目元をスッキリ
  • アイクリームは、力を入れずに塗る。つけ終わったあとには余計なマッサージをしない