敏感肌にオススメのクリーム選び

%e6%95%8f%e6%84%9f%e8%82%8c%e3%80%80%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%a0

敏感肌を改善したいのなら、まずやるべきことは、保湿です。保湿というと水分を補えばいいと思いがちですが、必要なのは「保湿成分」です。これを補うために化粧水で保水するだけでなく、乳液やクリームなどの油分の多い化粧品の使用がより重要になります。

しっかりと保湿成分を届けることができる、敏感肌におすすめのクリームを紹介しましょう。

敏感肌におすすめのクリームと配合成分

肌の潤いを保つために使うクリーム、やっぱり刺激が少なく安心して使える成分を選びたいですよね。敏感肌におすすめのクリームは、肌の細胞間脂質や皮脂膜と同じ役割を持つ成分が配合されているものです。細胞間脂質と同様の働きをする成分には、以下のようなものがあります。

セラミド

セラミドは肌の角質層に存在し、細胞間脂質の40%を占める成分です。紫外線、アレルギー物質、細菌などの外部刺激から肌を守ってくれます。セラミド自体が油分の一種なので角質層へ浸透させるには油分の多い化粧品の方が適しています。

レシチン

人間を含む自然界の動植物すべての細胞に存在するのがレシチンです。肌に対しては、細胞間脂質が流れ出すのを抑え、肌のバリア機能を強化する効果があります。また、水との高い親和性で保湿作用もあります。化粧品には安定化させるために水素を添加した、水素添加レシチンが配合されています。

セラミド以外の細胞間脂質であるスフィンゴ脂質、リン脂質をモデルに開発されたリピジュアなどがあります。リピジュアはヒアルロン酸の2倍の保湿力があり、洗い流した後も保湿力が持続するという優れものです。

選ぶ際に意識すべき2つのポイント

敏感肌に不足しているのは「水分」と「油分」で、この両方が十分でない状態では刺激を感じやすくなっています。敏感肌の方がクリームを選ぶ際には、次の2つを意識して選びましょう。

保湿成分はより潤い力の高いものを

化粧品に配合される保湿成分も中でも、敏感肌におすすめは「セラミド」です。セラミドには「ヒト型セラミド」、「非ヒト型セラミド」、「疑似物質」がありますが、最も保湿力が高いのはヒト型セラミドです。

セラミド以外にも、「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「スフィンゴ脂質」「ワセリン」「リン脂質」「リピジュア」などの保湿成分が効果的です。

刺激になりやすい成分が配合されたものは避ける

敏感肌の方が刺激を感じやすい成分には、アルコールや香料があります。そのため、いきなり肌につけてしまうのではなく、パッチテストを行い様子をみてから使用しましょう。

最近は「オーガニックコスメ」も人気になっています。刺激が少ないイメージですが、オーガニックコスメもパッチテストを行い肌に合うかを確認して使用しましょう。

保湿力をより高めるためのポイント

クリームの保湿力をより高めるためのポイントを見ていきましょう。

  • 適量を使用する
    クリームの使用方法をちゃんと確認しているでしょうか?メーカーが推奨した適量を守りましょう。クリームは適量よりも少なければ効果も半減し、多ければ油分が多すぎることで肌トラブルを起こしてしまう原因にもなります。
  • 乾燥しやすい目元・口元は重ねづけを
    特に乾燥しやすい目元や口元は、重ねづけしましょう。それにより、外的な刺激や摩擦から肌を守ることになり、保湿もしっかりとできるので年齢的な肌の衰えの予防にもなります。
  • ハンドプレスして仕上げる
    クリームは乾燥しやすい部分を中心に、しっかりと馴染ませるようにハンドプレスします。手の平のぬくもりでしっかりと保湿成分や美容成分が浸透し、ただつけるだけとは効果が違うことを実感できるでしょう。

まとめ

  • 敏感肌におすすめのクリームは、肌の細胞間脂質や皮脂膜と同じ役割を持つ成分が配合されているもの。
  • クリーム選びは「保湿力が高いもの」「刺激になりやすい成分が配合されたものは避ける」。
  • クリームの保湿力をより高めるため適量を守り、ハンドプレスする。また乾燥しやすい所は重ねづけを。