カフェインはお肌の大敵?! 敏感肌さんが摂るべき食べ物とは?

green and red healthy food

日本人の肌の美しさは欧米人が絶賛し憧れるほどだといわれてきましたが、近年は肌荒れに悩む人が増えてきているといいます。

これは、食生活の欧米化も原因の一つではないかといわれています。
肌荒れの原因は様々で、環境の変化や現代人特有のストレスも肌荒れの原因ですが、特に敏感肌で悩んでいる人は化粧品だけでなく、食べるものについても見直してみる必要があるでしょう。

敏感肌に良くない食べ物とは?

敏感肌を悪化させる恐れがあるのは、炭水化物や脂質が多く栄養バランスの悪い食事です。脂質の多い肉類、ラーメンやパスタは美味しいから食べ過ぎてしまったり、それだけを食べてしまうことも多いので、食事として栄養バランスが良いメニューだとはいえません。

肌の生成に必要な栄養素が摂取できるよう、好きなものだけ食べずにバランス良く食べることを心がけましょう。

また、最近では小麦や大麦、ライ麦などに含まれるタンパク質の一種である「グルテン」が、アレルギーを引き起こすとして問題になっています。体の不調がグルテンを含む食品を摂取したことからきており、グルテンフリーの食品に替えたことで改善されることもあるようです。

体を冷やす食べ物にも注意が必要です。それらは、血行不良を引き起こす原因にもなります。健やかな肌のためには、必要な栄養素が肌の細胞まできちんと届けられることが大切です。血行が悪くなれば栄養が体のすみずみまで行き届かなくなり、肌にも悪影響があります。

火を通さない生野菜を大量に食べたり、冷えた飲み物や南国生まれの体を冷やすフルーツ、精製された白い砂糖も体を冷やすので避けた方が無難です。

お酒やカフェインもお肌の敵!

お酒やカフェインは適量であれば健康に良い効果があるといわれています。しかし、カフェインは摂り過ぎると体に必要なビタミンやミネラルを体外に排出させてしまうので、肌荒れの原因になってしまいます。

また、お酒は体や肌を水分不足にさせ乾燥を招くので摂り過ぎには注意しましょう。

積極的に摂るべきはビタミン類

美肌のために必要な栄養素といえば、やっぱりビタミンが思い浮かぶのではないでしょうか。敏感肌の人にとっても、ビタミン類は積極的に摂りたい栄養素です。

敏感肌の場合、特に積極的に摂りたいビタミンは「ビタミンA」と「ビタミンE」でしょう。ビタミンAは皮膚や粘膜を生成し、保水力アップには欠かせません。

敏感肌 食べ物

ビタミンEは血液をサラサラにする効果があり、血行が良くなることから肌の細胞へ十分な栄養を届けることができます。細胞が元気で健康になれば、水分を溜めておく角質層にも良い影響があります。

敏感肌 食べ物

また、コラーゲンの再生をサポートし、肌が老化するのを防いてくれるビタミンCも積極的に摂りたいビタミンです。

これらのビタミンが含まれている食材のうち、熱に弱いビタミンCを摂取するなら加熱せず生で食べるようにします。いちごやキウイ、柑橘類などはもちろん生で食べることができますが、カットして時間を置くとビタミンCが空気に触れて壊れてしまいますし、水洗いをすることでビタミンCが溶け出してし流れてしまうので注意しましょう。

ビタミン類が多く含まれる食べ物は、果物の他にピーマン、パセリ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜、ジャガイモやサツマイモなどの芋類にも多く含まれています。

ビタミン類が摂れるメニューといえば、生野菜のサラダを思い浮かべるのではないでしょうか。でも残念ながらそれほど多く含まれていませんし、カサだけあって実際の量はそれほどでもない、ということも。
それに生野菜をたくさん食べるのは意外と大変です。加熱する事で、かさも減り沢山食べられるようになりますし、味や香りも引き立ち、美味しく食べる事が出来ます。もちろん、熱によって多少失われる栄養素もありますが、スープにしたり、蒸し野菜にする事で栄養素の減りを抑える事が出来ますよ。

特にジャガイモやサツマイモは加熱してもビタミンCが壊れにくいので、おすすめの食材です。

敏感肌改善のために、ビタミン類を積極的に摂取することはもちろんですが、それだけでなくミネラルタンパク質糖質脂質もバランス良く摂り、添加物の含まれた加工食品は避けるような食生活を心がけましょう。

まとめ

  • カフェインは肌荒れの原因にもあるので要注意
  • ビタミンAとビタミンEは積極的に摂ったほうが良い
  • 栄養バランスを考慮し、添加物の含まれた加工食品は避ける

 

Option!
プロテオグリカン配合化粧品まとめ!

管理人が調べたプロテオグリカン化粧品です。

ご購入をお考えの方、まだちょっと悩んでいる方は、成分など詳しく解説していますので、よろしければご覧ください。

>>実際に効果があると言われている化粧品を確認してみよう!

プロテオグリカンランキングページ誘導バナー