口輪筋集中トレーニングで口元の小じわを撃退!

口元 小じわ

普段あまり目立つことがなくても、ふとしたきっかけで発見することがあるのが、口元の小じわです。

小じわは、気付いた時点でケアを開始することにより、クッキリとした深いしわへの発展を食い止めることができます。

小じわってなに?

ところで、小じわとは、いったいどのような状態のことをいうのでしょうか?
しわには、表皮で留まっている表皮性のしわと、深く刻まれて真皮の深さにまで達している真皮性のしわがあり、一般的に小じわといわれているのは表皮性のしわで、初期段階のしわです。
そして、初期段階のしわができる原因の多くは、お肌の乾燥です。たとえば、次のような経験をしたことがないでしょうか?

  • 海やプールで思いっきり紫外線を浴びたあと、なんとなくお肌が突っ張るような感じになって、目元や口元に小じわができた。
  • 冷暖房がよく効いた部屋で長時間過ごしていたら、お肌が突っ張るような感じになったり、カサカサしたりしたことがあった。

これは紛れもなく、紫外線や冷暖房によってお肌の水分が奪われたために起こる状態で、このタイミングで保湿ケアを行っておかないと、小じわがどんどん増えていくことがあります。

顔トレーニングでシワをケア

私たちの顔にはさまざまな筋肉が存在しており、口の動きを司るのは「口輪筋」という筋肉で、この筋肉を鍛えることにより、小じわの発生の予防や小じわの改善を行うことができます。
それでは、口輪筋を鍛えることができるトレーニングをご紹介することにします。

口輪筋集中トレーニング

口元と頬の筋肉を鍛えることができるトレーニングです。

  1. 口を大きく横に広げて「」の形を作ります。
  2. 次に、唇を前方に尖らせるつもりで「」の形を作ります。

これを、筋肉が軽い疲労を感じるまで行います。目安としては、8~10回程度でしょうか。

唇集中トレーニング

唇の周囲の筋肉を集中的に鍛えるトレーニングです。

  1. 口の中に空気を溜めて、頬を膨らませる
  2. 溜まっている空気を押し出すようにして、唇の周囲に集める
  3. その状態で5秒間キープします。

これを5~10回程度繰り返します。実際に実践してみるとわかりますが、このトレーニングを行うと、唇の周囲の筋肉がちょっと痛くなり、”運動した”という感覚になります。また、このトレーニングを根気よく毎日続けることにより、特に鼻の下に現れやすい縦ジワの予防や改善に役立ちます

これらのトレーニングは、1回行ったからといってすぐに効果が現れるものではなく、毎日行うことにより、徐々に効果が現れてきます。
早い方では1カ月程度で改善が見られることもありますが、3カ月程度で改善が見られる方が多くなっています。
また、ダイエットと同様に、1日サボってしまったからといって諦める必要はなく、1日忘れてしまったとしてもそれほど大きな影響はありませんので、また翌日から再開すればまったく問題はありません

やっぱり一番は保湿?

上記でも触れていますが、小じわの予防や改善を行うためには、保湿ケアを行うことが基本中の基本です。
特に脂質性肌の方の場合では、保湿化粧水やクリームを使用するとお肌がベタつくからイヤ!という方もいらっしゃるのではないかと思いますが、保湿を怠るとさらに皮脂分泌が多くなり、余計にお肌のベタつきが気になるようになりますし、小じわができやすくなります。
顔の皮膚は全体的に薄く、とりわけ目元や口元はとてもデリケートで乾燥しやすい部分ですので、洗顔後には必ず保湿を行い、お肌を労わってあげることが大切です。
また、保湿化粧品にはさまざまな成分が配合されていますが、乾燥を防いで小じわの予防や改善を行うのであれば、プロテオグリカンセラミド配合の化粧品がおススメです。

まとめ

  • 初期段階のしわができる原因の多くは、お肌の乾燥。
  • 小じわの予防・改善には毎日の顔トレーニング。
  • 乾燥はお肌の大敵。保湿ケアをお忘れなく。