気になるまぶたのたるみはどうして出来る?原因と予防策

まぶた たるみ

まぶたがたるむと、暗いイメージの活気がない顔になります。

まぶたがたるんでくると、シワが額にできたり、肩こりや疲労になったりする場合もあります。

ここでは、まぶたのたるみの原因と改善法、予防法についてご紹介しましょう。

まぶたのたるみの原因は?

まぶたのたるみは、ほとんどの場合、加齢が原因であると言われています。

年をとってくると、肌のハリが自然になくなり、肌の筋肉がゆるみます。

眼輪筋という目の周辺の筋肉をサポートしているものが弱くなると、特にまぶたがたるんできます。

他の部位と同じように、目の周辺の眼輪筋などの筋肉は使用しないと衰えてきます

例えば、ウインクをまぶたのたるみがある人がしようとしても、上手くなかなかできない人が多いそうです。

このことから、まぶたのたるみの原因としては、筋肉を普段から使用していないことがあります。

また、スマホやパソコンなどの画面を一日中見ている場合は、表情がなくなっている場合が多いため注意しましょう

表情を爆笑して動かしている場合は、強く眼輪筋が縮むため、筋肉もあまり衰えません。

まぶたのたるみの改善方法は?

たるみ防止の対策をしていくときはスキンケアも重要になってきます。毎日のスキンケアは保湿をしっかりとしていくことが大切です。減少してしまったコラーゲンを守って生成を促すような「ビタミンC誘導体」「ナイアシン」「レチノール」などの成分が配合されている基礎化粧品を使うのもおすすめです。

特におすすめな美容成分は「プロテオグリカン」です。プロテオグリカン配合の化粧品を使用していくことでたるみを防止していくことができます。プロテオグリカンはヒアルロン酸以上の保水力があります。そもそも人間の体にも存在する成分なので副作用などの心配もありません

プロテオグリカン配合の化粧品はたるみを防止するだけではなくて、シミやシワの肌トラブルにも効果を発揮します。プロテオグリカンはアンチエイジング効果抜群の成分なのです。

まぶたのたるみの予防方法は?

まぶたのたるみを予防するには、すこやかな状態を維持して、目の周辺に刺激を過度に与えないことが大事です。

ここでは、普段の生活において、まぶたのたるみを予防する方法についてご紹介しましょう。

目を引っ張ったりこすったりしないように注意しましょう。

眠くなった場合や目がかゆい場合に目を無意識にこする場合は、ダメージを薄い目元の肌に与えている恐れがあります。

目をこする習慣がある場合は、意識的に改善しましょう。

また、コンタクトレンズを使用する場合は、レンズをつけたり外したりする際に、まぶたを習慣的に引っ張ることも多いため注意しましょう。

目をこまめに休めるように注意しましょう。

目を1時間に1回は休ませるようにして、目の疲れをとってまぶたのたるみをなくしましょう。

目の疲れをとると、目の周辺の血液の流れなどが良くなって、まぶたに負担がかかるのを少なくすることができます。

ピントを調節するために、目は15000回~20000回も1日に瞬きしているそうで、負担が非常によくかかる部位です。

また、現代ではスマホやパソコンが普及しているため、非常によく目を使用しています。

最近、「ブルーライト」ということをよく聞くでしょうが、このブルーライトはよく紫外線に性質が似ているそうで、目の疲れの原因になると言われています。

パソコンの画面をデスクワークなどのために長い時間見ている場合は、5分間くらい1時間に1回を目途に目を休ませるようにしましょう。

まとめ

  • 目の周辺の眼輪筋などの筋肉は使用しないと衰える。
  • たるみ改善におすすめな美容成分はプロテオグリカン。
  • 目を酷使しないことが予防策。