目元のしわに!美容液を正しく選ぶ・使う!

%e7%9b%ae%e5%85%83-%e7%be%8e%e5%ae%b9%e6%b6%b2

目元は皮膚がとても薄い部分だけに、油断しているとすぐに乾燥し、これがしわを作り出す原因になることがあります。そのようなときの頼もしい助っ人が美容液ですので、この機会に、正しい美容液の選び方や使い方をマスターしておきましょう。

基本的な目元ケア

せっかく目元の美容液を使うのであれば、まず、正しい洗顔と保湿を行わなくてはなりません。また、メイクをしている方は、クレンジングの方法にも注意を払う必要があります。特に注意を払わなければならないのが、目元クレンジングです。冒頭でも述べていますが、目元は皮膚がとても薄い部分であるため、強い刺激がかかると、お肌のバリア機能が壊されてすぐに乾燥しています。

こうならないためには、アイメイクアップリムーバーを使用して、絶対に擦らずに優しく落とすということが大切です。ウェータープルーフタイプのマスカラやアイシャドウ、アイラインなどはクレンジングで落ちにくいことがあり、ついついこすって落しがち。ですが、それが目元のバリア機能を壊して乾燥に導く可能性があるということを知っておきましょう。

そして、クレンジングと洗顔のあとには、必ず念入りな保湿を行って下さい。保湿を行う際には、目元だけではなく、顔全体の保湿を心がけましょう。

また、知らず知らずのうちに目元を乾燥へ導くのが紫外線ですので、紫外線対策も万全に行っておきましょう。紫外線が私たちのお肌から体内に侵入すると、体内の活性酸素を増やすことがあり、これが元気な細胞を傷つけてしまうと、目元をはじめとするあらゆる部分にしわが現れやすくなります。

目元ケアにオススメの成分

  • セラミド、ヒアルロン酸、プロテオグリカンがおススメの成分です。保湿・保水効果を持つこれらの成分は、角質層の水分保持に役立ち、外部の刺激からお肌をガードする働きを持っていますので、特にこの成分配合の美容液でケアを行っておくと、高い確率で目元の乾燥を防ぐことができます。
  • ビタミンC誘導体もメラニン色素の合成を抑え、コラーゲンの生成を促す作用を持っていますので、保湿ケアに適した成分です。
  • レチノールという成分も目元の保湿に役立ち、細胞組織を修復する作用を持っていますので、目元の保湿ケアに適しています。

これらの成分はどれもアレルギーを起こしにくいという特徴を持っていますが、敏感肌の方の場合では、パッチテストを行っておくことをおススメします。

顔全体の美容液も目元まで使えるものがおすすめ

私たちの表皮は0.1mmから0.3mmと表に薄いという特徴を持っており、角質層に存在しているセラミドなどの成分が不足した場合には、あっという間に乾燥肌になってしまうことも少なくはありません。つまり、目元に限らず、顔全体に使用することができる美容液も、保湿力が高い成分を高濃度で配合している製品を選ぶことがベストであると言われています。

特に、上記でご紹介したるセラミド、ヒアルロン酸、プロテオグリカンは高い保湿・保水性を持つ成分ですので、目元の美容液に限らず、化粧水や乳液、クリームでも、これらの成分を配合したものを選んでおくとよいでしょう。
また、特に乾燥しやすい目元には、化粧水を二度づけした上に、美容液をたっぷりと馴染ませるというケア方法がおススメです。

しわ改善のためのツボ押しなどを行う際には、必ず一連の保湿を行ったあとで行いましょう。これにより、お肌にかかる摩擦が少なくなり、目元の皮膚を傷つけてしまう確率が低くなります。

まとめ

  • 目元の美容液を使うのであれば、まず、正しい洗顔と保湿を行う。
  • 目元ケアには保湿・保水効果を持つなど、成分をチェック。
  • 顔全体に使用することができる美容液も、保湿力が高い成分配合の製品を選ぶ。