自己流・目元ケアがシワの原因。正しい目元のケアを!

%e7%9b%ae%e5%85%83%e3%80%80%e3%81%97%e3%82%8f%e3%80%80%e3%82%b1%e3%82%a2

多分これで合っていると思う。このような思い込みで自己流の目元ケアを行ってしまうと、それが新たなシワを作り出す原因になってしまうことがあります。

目元は皮膚が薄くデリケートな部分ですので、まずは正しいケア方法を知っておくことが大切です。

やってはいけない目元のケア

ケア以前に、私たちが日常的にやってしまいがちなのが、間違った目元のクレンジングです。あなたはつけまつ毛やマスカラを使用していますか?それならばなおさら、目元のクレンジングには注意を払わなくてはなりません。
まず、つけまつ毛を付けている場合では、まつ毛糊の種類にもよりますが、つけまつ毛を剥がしたあと、目元に糊が残っていて、これを落すためにゴシゴシとこすってしまったことはないでしょうか?また、ウォータープルーフタイプのマスカラの場合では、アイメイクアップリムーバーを使用したとしても落ちが悪く、いけないとわかってはいても、ついついこすって落してしまったことがあるのではないかと思います。

この、”目元の皮膚をこする”ということが、目元を乾燥に導く最もやってはいけない行為です。そして、良かれと思って行った目元のマッサージが逆効果となる場合もあります。目元ケアのひとつに、目元の周囲のツボ押しがあり、これもマッサージに分類されますが、それとは別に、自己流で力を入れながら目元のマッサージを行ってしまうと、皮下の毛細血管が断裂して、血行不良どころか血行障害が起こってしまう可能性を高めてしまうことになります。

血液は私たちの目元に大切な栄養分送り,届ける役割を持っていますので、これが切れてしまったらどうにもなりませんよね?
また、目元の皮膚に刺激を与え続けると、その部分に色素沈着が起こって不健康そうに見える目元になってしまう可能性もあります。
目元のマッサージを行うのであれば、力を入れずに行うことでできる、ツボ押しに留めておくことがベストです。

正しい目元ケア

ここで少し、目元と自律神経の関係について触れておくことにします。自律神経には交感神経と副交感神経があり、副交感神経は精神や脳の興奮を抑える、リラックスを司る神経です。そして、副交感神経が優勢な状態になると、血液の流れがスムーズになると考えられています。つまり、副交感神経が優勢な状態になれば、目元に栄養分が届きやすくなるということですね。
では、それを実現させるにはどうすればよいのでしょうか?

これは実に簡単な話で、ホットタオルや市販のホットアイマスクなどで、目元を温めるだけでOKです。お風呂上がりにひと通りのケアを行ったあとにホットタオルなどを目元に当てると、化粧品の成分が浸透しやすくなるというメリットもありますので、ぜひ実践してみて下さいね。

そして、保湿ももちろん大切なのですが、さらに注意して頂きたいのは日中の紫外線対策です。紫外線はお肌から水分を奪うだけでなく、体内の活性酸素を増やす原因になりますので、できる限り浴びてしまわないことが肝心です。また、特に目元の乾燥が気になるという方は、紫外線をブロックするタイプのサングラスを使用するなどの工夫も行ってみましょう。

さらに、パソコンや携帯電話・スマホの操作時間が長い方は、眼精疲労にも十分に注意して下さい。眼精疲労は目元の小ジワの原因なることがありますので、最低でも1時間に1回10分程度の休憩を入れ、眼精疲労から目を守ることが、目元ケアにつながります。

まとめ

  • 目元の皮膚をこするクレンジングは、絶対ダメ。
  • 目元を温めて、副交感神経が優勢な状態にしてリラックス!
  • 紫外線や眼精疲労も小じわの原因に。日頃から日頃から意識したケアを。