乾燥肌に効果的なクリームとは?選び方と使い方のポイント

乾燥肌 クリーム

乾燥肌に効果的なスキンケアと言えば、しっとりとコクのあるテクスチャーが魅力のクリームですね。

クリームの需要は湿度の低下する秋辺りから急に増える傾向にあります。乾燥肌さんがスキンケアにおけるクリームを選ぶときのポイントやつけ方のコツに焦点をあててみましょう。

乾燥肌さんのためのクリーム選び

乾燥肌にクリームが良いとわかっていても、「どのようなクリームが良いのかイマイチよくわからない…」と言う人が殆どでしょう。各メーカーによってクリームのクオリティーに違いがあるため、クリームのランキングや口コミなどを活用して自分の乾燥度に合わせたものをセレクトしたいものです。

また、乾燥肌を引き起こす人は同時に肌を守るバリア機能も低下しやすくなります。つまり、敏感肌も併発している可能性が高いのです。そう考えると、乾燥肌と敏感肌のどちらにも効果のある成分や低刺激のクリームが良いと言えます。乾燥肌は時間をかけて改善する必要があるため、長い付き合いになると言えるでしょう。自分が気に入ったテクスチャーや香料でなければ末長く継続する事は難しいと言えます。

乾燥肌に適したクリーム選びのポイント3つ

  • 低刺激のタイプ
  • 保湿成分(ヒアルロン酸、セラミド)がしっかり配合されている
  • テクスチャーや香料が自分の好み

顔用のクリーム

顔は、常に何らかの刺激を受けていて乾燥が目立つ部位とも言えるでしょう。顔の乾燥が酷いと、後からつけるファンデーションののりにも影響を与えかねないため、顔用のクリームは、ボディ用のクリームと別に用意する必要があるのです。

顔用クリームにおいて注意すべき事は、あまりにも油分が多いタイプだとメイクがよれたり、くずれたりしやすくなります。また、油分は大人ニキビを酷くさせてしまう事があるので、オイル成分が少ないオイルフリーを選びたいものです。もちろん、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が配合されている事は必須です。

また、最近はクリーム特有のベタつきのないジェルタイプや、化粧水や乳液、下地効果が1つにまとまったオールインワンジェルタイプなどもあるため、セレクトの幅は広がりつつあります。つまり、ライフスタイルに合わせて選ぶことも保湿ケアを長続きさせるコツなのです。

体用のクリーム

体は顔よりも面積が広く、乾燥部位も顔に比べて、はるかに広い傾向があります。そんな体の乾燥に適しているのは、少量で伸びやすいタイプのクリームでしょう。首から足まで広範囲に乾燥している人でも、安心して使用できます。クリームをつけた時にスルスル伸びる感覚が理想です。

また、乾燥部位には、重ねづけするなど工夫をしてつけましょう。また、衣類などを着用しても衣類をべたつかせたり、汚したりしない違和感のないテクスチャーのクリームが良いでしょう。乾燥と大人ニキビは関係があるため、背中や胸周辺にニキビがあるならば、クリームで乾燥対策をするのがベストです。

皮膚科で処方可能なジェネリック医薬品ビーソフテンの効果とは

顔や体の乾燥に良いとされるクリームは、市販品ばかりではありません。皮膚科の医療機関などで処方されるビーソフテンにも注目してみましょう。


ビーソフテンは、ただの保湿剤としてだけではなく、血行を促進してくれるところがポイントです。

一見、血行と乾燥の関係があるとは想像がつきにくいのですが、血行が悪いと、肌の生まれ変わりターンオーバーが乱れ潤いを保持しない未熟な細胞が現れたりと乾燥を引き起こすという関係性があります。

また、血行を促進すればコラーゲンやエラスチンなどの潤いに関係する成分を作り出す線維芽細胞に働きかけ活性化するため、潤い力も増すのです。

しかも、保険適用でワンコイン程度の費用で手に入るのはありがたいですよね。

まとめ

  • 乾燥肌を引き起こす人は同時に肌を守るバリア機能も低下しやすくなるため敏感肌も併発している可能性も高い。
  • 顔用のクリームは、ボディ用のクリームと別に用意する必要がある。
  • ビーソフテンは、ただの保湿剤としてだけではなく、血行を促進してくれるところがポイント。