乾燥肌は内側から治そう!食べ物で実践する乾燥肌対策とは?

乾燥肌 対策 食べ物

乾燥肌を改善しようとすると、使っている美容アイテムと同時に、どんな生活習慣を送っているかなども話題に上りますよね。

それと同じくらい、実は乾燥肌にとって忘れられないポイントがあります。それは「栄養素」。

例えば風邪の時はビタミンC、のような「乾燥肌には○○」というような栄養素ってあるのでしょうか。

乾燥肌にはどんなアプローチが効果あり?

乾燥肌と言うのは、皮脂の分泌量・角質層の水分量・天然保湿因子の量などが減少してしまうことで、皮膚の表面がパリパリと乾燥してしまっている状態

乾燥肌を改善したいのであれば、乾燥肌になってしまう原因を取り除く努力をすればよいのです。

具体的には皮脂の分泌量をコントロールするような栄養素だとか、角質層の水分をアップさせたりできる栄養素を積極的に摂取するなどですね。

他にも、血の巡りを良くし、毛細血管の血行不良を改善することでも、乾燥肌が改善するので、上手に乾燥肌の対処法として知っていると良いですね。

乾燥肌を内側から治すために効果的な栄養素とは??

美肌の目指すために良いとされている栄養素はたくさんあります。ただ中でも乾燥肌に効果があるというように、乾燥肌対策に特化している栄養素もあります。それぞれの働きに関してみていきましょう。

ビタミンA

皮膚や粘膜のうるおいを維持したり、新陳代謝を活発にしたりしてくれます。多く含まれている食材は レバー、ウナギ、アナゴ、青魚、乳製品、卵、緑黄色野菜、ノリ、ワカメ、緑茶などになります。

毎日補うためのポイント

乾燥肌 対策 食べ物

ビタミンAは比較的私たち現代人も推奨量が不足しにくい栄養素となっています。ただ毎日不足しないように摂取するには工夫も大切。

レバーやアナゴは毎日食べることは少ないですが、乳製品や卵は毎日摂りやすいので、こうした食材を利用するのが良いですね。

ちなみに乳製品は3Aと言って、1日に3つの種類を摂るとより健康に良いとされています。チーズ・バター・牛乳という組み合わせなら飽きずに摂り続けることができそうですね。

参照:3Aについて(日本乳業協会)

ビタミンB

新陳代謝を活発にしたり、乾燥肌のために起きる炎症を抑えてくれたりします。多く含まれている食材は豚肉、レバー、卵、大豆、納豆などたんぱく質も一緒に摂れるものが多いのが特徴です。

毎日補うためのポイント

ビタミンBは実はビタミンBという1つの種類のビタミンではなく、ビタミンB群と言ういくつかの種類のあるビタミンです。ビタミンB群では、ビタミンB2とB6が特に乾燥肌に効果的

ビタミンB2が取れるヨーグルトは、ビタミンAが摂れることもあるのでおすすめ。

またビタミンB6はレバーに多く含まれていて、これもビタミンAが含まれているので、食べ合わせを考えると1つの食材でいくつもの乾燥肌に効く栄養素を摂ることができますよ。

ビタミンC

乾燥肌を防ぐために必要な成分「コラーゲン」の生成を促したり、抗酸化作用が強いのも特徴です。

パプリカ、レモンなどをはじめとする野菜と日常的に食べるような果物(柑橘系の果物やりんご、いちごなど)に多く含まれていますね。

毎日補うためのポイント

乾燥肌 対策 食べ物

水溶性のあるビタミンCは、摂りすぎても尿として排出されるので、摂れるだけたくさん摂っても大丈夫

水分をたくさん含むような野菜や果物にたくさん含まれているので、果物をおやつ代わりにすると、それだけでビタミンCをしっかり摂る習慣ができますよ。

ビタミンE

血行を促進し、お肌の新陳代謝を活発にするビタミンEは、抗酸化作用 が強く、シワやたるみなどの老化を引き起こす過酸化脂質を分解してくれます。

多く含まれている食材はゴマ、アーモンド、ナッツ類、大豆、アボガドなどやや脂肪分の多い植物です。

毎日補うためのポイント

ビタミンEはナッツに含まれていることが有名なので、朝食のグラノーラにナッツを入れるようにしたり、サラダにナッツを入れたりすると、お料理の良いアクセントにもなりますしおすすめです。

またナッツそのものをおやつにしても良いですね。肝臓に良い効果もあるので、お酒をよく飲む人はナッツをおつまみに食べると肝臓にも乾燥肌にも効果的です。

セラミド(皮膚の角質層に存在する脂質)

皮膚を外部の刺激から守り、角質層の水分を保持することに役立つセラミドは、 コンニャク、しらたき、大豆、黒豆、小豆、ひじき、ワカメなどに多く含まれています。

毎日補うためのポイント

セラミドはなかなか毎日摂ることができない…と思われがちですが、ご飯に混ぜるタイプのこんにゃくを利用すると、不要な脂肪分がカット出来たり、繊維質を摂取することで整腸作用がでたりして、ダイエットや健康にも効果があります。

腸内の乱れは肌荒れにも繋がるので、コンニャクやワカメなどを定期的に摂取するのは美肌を目指すためには本当におすすめです。

α-リノレン酸・亜鉛

細胞分裂の手助けとなることでターンオーバーを促進することに繋がり、乾燥肌を改善します。α-リノレン酸は細胞膜を作る原料になり、亜鉛は細胞分裂に必要な酵素を働かせる助けとなることでターンオーバーの促進に繋がるのですね。

さらにα-リノレン酸は、セラミドを作る原料となるので乾燥肌だけでなく、美肌を目指したい人にもおすすめ。

多く含まれている食材はα-リノレン酸がアマニ油・エゴマ油・魚油になり、亜鉛が牡蠣、赤身の肉、卵黄、たらばがに、タラコになります。

毎日補うためのポイント

乾燥肌 対策 食べ物

なかなかα-リノレン酸を含む食材を定期的に摂取する機会はないように思いますが、最近ではサラダオイルでα-リノレン酸を含んだものや、日々利用するドレッシングにα-リノレン酸が含まれているものもあるので、そうした製品を利用すると飽きずに続けることができます。

亜鉛についてはを食べられていれば、大丈夫なので、ビタミンEも一緒に摂取できる卵はおすすめの食材です。

まとめ

  • 乾燥肌は日々の食事で摂取する栄養素も重要
  • 普段から意識しなくとも十分とれている栄養素よりかは不足しがちな栄養素を意識する
  • どれかひとつではなく万遍無くバランス良く摂取するのがベスト