乾燥肌を改善するために知っておきたい洗顔方法や洗顔料のお話

乾燥肌 洗顔方法

皆さんは界面活性剤というものをご存じですか?

家庭科の授業で聞いたことあるけど…、となんとなく覚えていらっしゃる方は多いと思います。

実はこの界面活性剤、クレンジングや洗顔料にも含まれているんですが乾燥肌の方にとっては困った存在なんです。

今回は洗顔料に含まれている界面活性剤がどんな問題を起こすのかをお話したいと思います。

正しいクレンジングのポイントとは?

メイクと言うのは油分を多く含んでいるので、基本的にクレンジング剤と言うのは油と親和性のある界面活性剤を多く含んでいます。

乾燥肌 洗顔方法

しかし、界面活性剤というのは食器洗い用洗剤などにも含まれるほど「洗浄力」が強い成分でもあります(食器洗い用の洗剤で「油汚れに強い」というような洗剤は、相当強めの界面活性剤を使用していたりします)。

つまり、界面活性剤と言うのは、洗浄成分としては優秀ですが、その分、肌への刺激は強くなるということになります。

さらに合成の界面活性剤は、一度肌に浸透してしまうと残留性が強くなり、長く肌に残ってしまう危険性をはらんでいるのです。

ですから、クレンジングはなるべく短時間で終われるように、日々のメイクは薄付きで、クレンジング剤を選ぶ際にはできるだけ肌に負担の少ないものを選ぶことが大切。

もちろんクレンジングをする時はゴシゴシこするのもNGですよ。

正しい洗顔のポイントとは?

メイクと言う油分をきちんと落すために、ある程度の化学物質が入ることはどうしても仕方ないクレンジングですが、普通の洗顔に関しては合成界面活性剤を含まないものを選ぶことは出来ます。

ではどういったものが安心かと言うと、固形石けん。リキッドタイプやクリームタイプの洗顔料と言うのは合成界面活性剤を含むものが多いので基本的には選ばない方が良いのですが、固形石けんは天然の界面活性剤を使った「純石けん」があるからです。

乾燥肌 洗顔方法

ただ、石けんの中にも合成界面活性剤を含むものはあるので、成分表記はしっかりとチェックしましょう。

さらに、洗顔をする際に気を付けるポイントは、「」。洗顔をする際には泡立てネットなどを利用し、できるだけフワッフワの泡を作ってください。

指の腹が顔の皮膚に当たるような洗顔をすると、皮膚にダメージを与えやすいので、たくさんの泡で皮膚を洗えるようにするのがベストです。

そして、洗顔もクレンジングも、洗剤を利用して顔を洗うのは1日に1回で済むようにしましょう。

乾燥肌によるトラブルってどんなことがあるの?

乾燥肌のトラブルと言えばどんなものが思い浮かびますか?「シワや毛穴の目立ち」「肌のつっぱり」そして「化粧ノリが悪い」……こうしたトラブルや悩みが乾燥肌の定番かもしれませんね。

加齢による水分保持力の低下はある程度は致し方ないののですが、最近はエアコンや強い紫外線といった理由での肌の乾燥も目立ちます。

乾燥肌 洗顔方法

若いから肌のダメージはすぐ回復する!と高をくくっていると肌のダメージは知らないうちに溜まって言って、乾燥肌になってしまう「理由」が内部に蓄積されます。

こうなると、ちょっとの刺激でもすぐに乾燥してしまう状態になるので、外的要因のダメージは放置しておかないのが重要

しかも乾燥肌+「かゆみ」を伴うようになると、肌荒れはもっと進行して「乾燥性敏感肌」という状態を引き起こしてしまいます。

ここまでくると、乾燥肌はすでに自分だけの力では水分保持ができなくなり、慢性的に「傷つきやすい」状態になったままに。乾燥肌を悪化させるとこうした色々な肌トラブルを招くことになるので、これまでご紹介してきたように、クレンジングと洗顔については、しっかり見直しをしてみてくださいね。

まとめ

  • 界面活性剤は洗浄力に優れている分、刺激が強すぎる
  • 天然の界面活性剤が使用されている固形石けんがおすすめ
  • 外的要因の放置は乾燥性敏感肌へと繋がるのでしっかり対策をする