乾燥肌さんにぴったりの洗顔方法は?洗顔後のケアはどうする?

洗顔後 ケア

お肌のケアはよくTVでも特集していたりしますよね。

しかし実は、それを鵜呑みにしていると間違ったケアになってしまう可能性があるんです。

今回は誰にでも合う正しいスキンケアの方法をご紹介します。

冷水で洗顔は間違ったこだわり?

乾燥肌で悩む方と言うのは、結構色々な保湿にこだわっていますよね。それは確かに当然です。

しかし乾燥肌さんの日頃のお手入れを見ると、保湿に関しては頑張っている人が多いのですが、洗顔方法については「アレ?!」という感じの人が多いのです。

例えば、乾燥肌だからということで、通常の洗顔には洗顔料を用いないという人もいるのですが(これ自体は特に問題ないのですが)、洗顔を人肌以下、どちらかと言うと冷たい水で終わらせているという人が意外に多いのです。

洗顔後 ケア

実は洗顔と言うのは、熱いお湯で行うと皮膚にダメージが大きいのでNGなのですが、冷水で行うのもNGなんです。なぜなら、冷水での洗顔は毛穴が閉じて汚れが落ち切らず、その汚れが毛穴に詰まってさらに肌荒れを引き起こす原因になるから。

ですから、洗顔と言うのは基本的には36~高くても38度くらいのぬるま湯で行うのがベストなのです。

また、よく肌のキレイなセレブモデルさんが、洗顔後に冷水で肌を引き締める!というようなことをしていますが、これも実は「しなくてイイこと」です。

これを安易にやると火照りやテカリのもとになるので、プロのメイクさんにアドバイスを受けるとかメイクをしてもらう機会が少ない場合は、洗顔後は冷やす必要はなく普通にスキンケアに移るのが最適。

セレブモデルさん達のお手入れ方法は、プロからの指導や「その人の肌に合わせた」理由が伴っていることがあるので、安易にまねをしない方が良いですよ。

乾燥肌さんに限らず「洗い過ぎ」はNG!

乾燥肌さんがとにかく気を付けたい基本事項は「洗顔」についてです。これがしっかりできていないと、後でどんなに高級な基礎化粧品を使ってお手入れをしても効果は半減

逆に洗顔がしっかりできていれば、その後のケアは高級化粧品でなくても良いくらいなのです。乾燥肌さんが洗顔で気を付けてもらいたいのは「肌の汚れと【不要な】皮脂を落とすこと」です。

多くの人は「皮脂はきちんと落さなきゃ!」と思い込んでいますが、本来皮脂と言うのは天然の保湿クリーム。洗い過ぎて保湿クリームがなくなると、肌はどんどん乾燥をひどくしてしまいます

ですから洗顔ではとにかく「洗い過ぎ」をしないようにすることが大事なのです。

では洗い過ぎを止めるにはどうすればよいかというと、朝晩2回使用していた洗顔料を1回にすることをおすすめします。クレンジングや洗顔料を使うのは、夜にメイクを落とすときだけ

睡眠中に復元した必要分の皮脂は、朝の洗顔で落としきらないのが良いのです。ですから、朝の洗顔は洗顔料を用いずに、ぬるま湯のみで終わらせましょう。

こうした方法を1週間ほど続ければ、乾燥肌さんの皮脂が少しずつ回復してくるのを実感できるはずです。

洗顔後は5分以内のスキンケアが基本です

そして、洗顔後に大切なのはスキンケアですが、育児や家事に追われていると、この「洗顔後のスキンケア」がしっかりできないということは多いですよね。

例えば子どもが小さくて、一緒に入浴をしていると、入浴後子どものことをしていたら10分、15分の経過なんてあっという間です。

しかし、顔に限らず、入浴後や洗った後のスキンケアというのは「できるだけすぐに」するのが大鉄則。

洗顔後 ケア

どうしても入浴後などにスキンケアの時間が取りにくい人は、せめて顔だけでも別の時間に洗って、すぐにスキンケアができる状態にすると、乾燥肌が改善してくるはずです。

最近はデイリーの化粧水マスクも多く市販されているので、オールインワン系のマスクを洗顔後すぐにつけて、そして家事や育児をするというのもアリな方法です。

ただマスクパックをする時はつけっぱなしにせず、3分~5分で外すのが乾燥肌を進行させないポイントです。

そんなに短い時間では、パックに残ったエキスがもったいない!という人は、取った後のマスクを折りたたんでボディケアに利用するとOK。

他にもオールインワンゲルを利用するのも、自分に適したものが見つかれば十分なスキンケアになります。とにかく洗顔後は「5分以内にケアする」が重要なのですね。

まとめ

  • 洗顔は基本的に38度以下のぬるま湯で行う
  • 皮脂をしっかり落とそうと洗顔しすぎるのはNG
  • 洗顔後や入浴後のスキンケアは5分以内におさめること