塗るだけでシワが取れる!?しわ取りクリームの成分や効果、選び方について

しわ取りクリーム

えっ!クリームでシワが取れる!?

クリームを塗るだけでシワが取れると聞いたら、誰だって飛び付きますよね?
ですが、慌てないで下さい。シワ取りクリームは確かに存在していますが、それは完全にシワを消し去るのではなく、シワを薄くするためのクリームであるとお考え下さい。

顔や眉間にシワができる8つの原因とシワの種類

そもそもシワはなぜできるのでしょうか?そこには様々な原因があります。またシワの種類もいくつかあり、その種類に応じた対処策が必要となります。主なシワの原因と種類は以下になります。

シワの原因
・加齢によるコラーゲンの減少
・乾燥
・紫外線
・間違ったスキンケア方法やメアイメーク
・表情筋の低下
・ストレス
・睡眠不足
・不規則な食生活
一言にシワといっても原因はこれだけ沢山あります。

シワの種類
・表情ジワ
表情ジワの原因として考えられているのが、表情の癖です。日常的に同じような表情を続けることにより、皮膚にシワが形状記憶されてしまいシワが刻まれてしまうのです。
また、ストレスを感じることにより表情がこわばってしまいシワを刻む原因となってしまうようです。

・乾燥ジワ
乾燥ジワの原因として考えられているのが、加齢によるものです。
加齢によって代謝が低下し、肌の角質層の水分量やコラーゲンなどの潤いを保つ成分が減少し、肌の弾力がなくなりシワの原因となってしまうのです。
また、紫外線によるダメージや乾燥が原因でシワを増やしてしまう原因となってしまうようです。

シワ取りクリームとは?

シワ取りクリームとは、簡単に言ってしまうと、継続してそれを使用することによってジワジワと成分がお肌の深い部分に浸透し、深くなっていたシワを、浅く薄くすることができるクリームです。

また、シワが取れると聞くと、それだけでシワが綺麗に消えてしまうと勘違いする方が出てきますが、クリームだけでシワが消えるとしたら、それはまさに魔法です。

シワ取りクリームはあくまでも化粧品であり、魔法をかける道具ではありません。シワ取りクリームというネーミングには、あくまでもシワを改善することができるという意味が込められていますので、シワ取りクリームに過剰な期待を寄せてしまわない注意が必要です。

そして、シワ取りクリームを使用する際には、ご自身に現れているシワの種類を知り、適切な製品を選ぶことも大切です。

シワ取りクリームの代表的な3つの成分とその効果について

EGF(ヒトオリゴペプチド)について

アンチエイジング成分として知られているEGF(上皮細胞成長因子または上皮細胞増殖因子)は、お肌の細胞の生まれ変わりを助ける作用を持つため、シワ取りクリームに配合されることが多い成分です。この成分は、”ヒトオリゴペプチド”と表記されていますので、シワ取りクリーム選びの際の参考にして下さいね。

トレイチノン(ビタミンA誘導体)について

お肌のターンオーバー促進を促すトレイチノンも、シワ取りクリームに配合されていることがあり、ビタミンA誘導体と表記されています。また、トレイチノンは強いピーリング作用を持っていますので、配合率が高い場合にはターンオーバーの速度が急激に速まるため、お肌がボロボロと剥けてくることがあります。ただし、シワ取りクリームに配合されているトレイチノンの配合率は全般的に低くなっていますので、医療機関で処方されているトレイチノンと比較した場合には、お肌への作用は弱いと考えることができます。

DMAE(ジメチルアミノエタノール)について

筋肉へ浸透する力を持つDMAEという成分も、表情筋に働きかけるという理由から、シワ取りクリームに配合されていることが多いようです。この成分は、弱った表情筋の機能回復に役立ちます。

シワ取りクリームのメカニズム

シワ取りクリームのもつ5つの作用でハリを取りもどそう

シワ取りクリームは、その種類によって「保湿」、「ターンオーバー」、「線維芽細胞の活性化」、「抗酸化」、「筋肉をほぐす」といった作用を持っています。

特に多いのが、ターンオーバーを促すタイプですが、これらの成分は、どれも即効性があるわけではなく、時間をかけてゆっくりとお肌の深い部分に蓄積させていくことにより、シワ改善効果が現れてきます。

つまり、シワ取りクリームの使用でシワ改善のためのケアを開始したのであれは、月単位でお肌の変化をじっくりと観察し、気長に続けることが大切であるということです。

また、シワとはいえ、それができた原因や種類はさまざまですので、ご自身のシワをよく見極め、正しいシワ取りクリーム選びを行いましょう。

睡眠や食事、ストレス対策でシワ改善する方法

シワ取りクリームでのケアを開始したとしても、それだけで安心してはいけません。本気でシワを改善したいのであれば、栄養バランスの整った食事の摂取、そして、1日6時間以上の睡眠時間も確保しましょう。ストレスも血行不良を招き、お肌を乾燥に導きますので要注意ですよ!

さらに、紫外線にも注意を払わなくてはなりません。紫外線は夏場だけではなく、冬であってもあなたのお肌を狙っています。1年を通じて、紫外線対策もしっかり行い、シワ改善に役立てましょう。

シワ取りクリームでおすすめのエイジングケア化粧品と選び方

ヒアルロン酸配合 ナイトスムーサー(ジーニー)

参照:ナイトスムーサー(ジーニー)

参照:ナイトスムーサー(ジーニー)

2010年発売。年齢肌にうれしい、話題の保湿成分とエイジングケア成分がたっぷり配合された年齢肌用の保湿ナイトクリーム。
シワの原因となる乾燥から肌を守ってくれます。使い続けることで、肌の違いを実感できます。

1.年齢肌にうれしい保湿成分とエイジング成分配合
2.肌への配合吸収がよくサラサラとした使い心地
3.お手入れは夜に塗るだけ
4.無着色(成分の色はアスタキサンチンの色)

容量・価格(本体価格):50ml・9,029円

>>ナイトスムーサー(ジーニー)の詳細はこちら

シワ改善薬用美容液 Qリンクルショット メディカル セラム(ポーラ)

参照:Qリンクルショット メディカル セラム(ポーラ)

参照:Qリンクルショット メディカル セラム(ポーラ)

「シワを改善する薬用化粧品」を、15年かけてシワのメカニズムを一から研究し直し、約5,400種の素材を一つずつ検証し、シワを改善する医薬部外品有効成分を探し当てたのです。そして、「好中球エラスターゼ」がシワの原因の一つであることを発見。
シワを改善する薬用化粧品(美容液)『リンクルショット メディカル セラム』。
日本で初めて、シワを改善する医薬部外品有効成分として認められた「ニールワン」を配合。さらに、有効成分を真皮に届ける「ニールワン真皮浸透処方」を開発しました。「好中球エラスターゼ」を抑え、シワを改善します。
毎日朝夜のお手入れの際、ローションで肌を整えた後にお使いください。(医薬部外品)

容量・価格(本体価格):20g ¥16,200(税込)

>>Qリンクルショット メディカル セラム(ポーラ)の詳細はこちら

エイジングケア化粧品成分 アイ アンド リップコントア R クリーム(資生堂)

参照:アイ アンド リップコントア R クリーム(資生堂)

参照:アイ アンド リップコントア R クリーム(資生堂)

年齢が表れやすい目もと口もとの肌に、ピンと張った弾むようなはりを与えるデリケートな部分をしっかりフィットしながら保護してくれるクリームです。光拡散作用もあり、美しく輝くハリのある目もと口もとにしてくれます。
香りは、「はまなす」「桜」「梅」といった日本の花たちの心地よい繊細なイメージでつくりあげました。心が落ち着き、心が満ち足りたような幸福感に包まれながらお手入れができます。
朝夜のお手入れの最後にシワの気になる部分に重ねて使用してください。

容量・価格(本体価格):15g 14,040円(税込み)

>>アイ アンド リップコントア R クリーム(資生堂)の詳細はこちら

ハリに導く薬用化粧水 リフトモイストローション W(資生堂)

参照:リフトモイストローション W(資生堂)

参照:リフトモイストローション W(資生堂)

角層のすみずみまでうるおいで満たし、ハリや艶、透明感のある肌へ導く薬用化粧水です。メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防いでくれます。とろみのある感触で、しっとりと滑らかな肌に整えてくれます。

容量・価格(本体価格):170mL 3,240円(税込)

>>リフトモイストローション W(資生堂)の詳細はこちら

プロテオグリカン配合 アクアプロテオ(テルヴィス)

参照:アクアプロテオ(テルヴィス)

参照:アクアプロテオ(テルヴィス)

ヒアルロン酸を超える保湿成分「プロテオグリカン」配合の美容液。保水力が抜群なので化粧水いらずで、洗顔後はこれ1本で肌の深部にまで潤いが行き届きます。
プロテオグリカンには水分を蓄えて放さない、優れた蓄水力があり、肌の水分蓄水量はヒアルロン酸の130%にもなるといわれています。また、先ほど紹介した「EGF」と同じような働きがある事も知られています。
ほかにもうれしい美容成分「プラセンタエキス・コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチン・セラミド(1・3・6Ⅱ)」がたっぷり配合。
シワとりクリームではないのですが、シワの原因になる
・コラーゲンの減少
・乾燥
対策にピッタリの美容液です。

容量・価格(本体価格):50g 6,480円(税込み)

>>アクアプロテオ(テルヴィス)の詳細はこちら

まとめ

  • シワ取りクリームは深くなったしわを薄く浅くする作用があり、決して消し去るものではない。
  • 即効性があるわけではないので、月単位で肌の状態を観察し、気長に続けるのがポイント。
  • 本気でしわを改善するなら、食事や睡眠、ストレスや紫外線にも注意を払う。
  • シワ取りクリームを使用する際は、自分の肌の状態やシワの種類を知り、適切な製品を選びましょう