正しいクレンジングで乾燥肌を予防しよう!乾燥肌の予防と対策

乾燥肌 クレンジング

皆さんはメイクを落とすときにどんなクレンジング剤を使って落としますか?

実はそのクレンジング剤、肌にダメージを与えて乾燥肌を促進させている原因になっているかもしれません。

今回はクレンジング剤が乾燥肌の原因になってしまう理由をお話します。

必要なクレンジングでさえ肌にダメージを与えている?

お化粧をしていれば、その日の夜や帰宅後などに「肌をすっきりキレイにしよう」とクレンジング剤と洗顔料を用いて「ダブル洗顔」をする人も結構いると思うのですが…。

実は洗顔(クレンジング含む)と言うのは、必要なものであっても、多少にかかわらず肌に負担をかけています。具体的な負担と言うのは次の通りです。

摩擦することによる負担

皮膚をこすること、摩擦することは、実はそれだけで皮膚にはダメージを加えるもの。

また、お風呂での洗顔など肌が柔らかくなっている時は、よりお肌はダメージを受けやすいので、クレンジングや洗顔をする際は「やさしさ」が必要になります。

洗顔料やクレンジング剤の「洗浄成分」がもたらす負担

今あなたが使っているクレンジング剤は洗い流すタイプですか?こうしたクレンジング剤は現在の主流ですし、使う側にしてみれば大変便利です。

しかし洗い流せるタイプのクレンジング剤は、メイクを浮かして落とすオイル分が、水に流れるようにするためにたくさんの界面活性剤が使われていることがあります。

乾燥肌 クレンジング

界面活性剤というのは、確かにすっきり洗浄はしてくれるのですが、これは裏を返せば洗浄力がありすぎて、必要な皮脂など、お肌の保湿を維持する成分まで落としていたりするのです。

自分が使っているクレンジング剤について、先ずはどんな成分が入っているかしっかりチェックをしてみてください。

肌へのダメージを最低限で抑えるには?

肌のダメージを抑える最高の方法は、清潔にはするけれど必要以上に触れないということなんです。

つまり、汚れや余分な皮脂は「毛穴詰まり」を防ぐために行うけれど、必要以上に触れることがないようにする、ということ。できたらメイクすらしない方が、肌にとっては負担が少ないのです。

ただ、そうしたことは日常で行うのは無理がありますよね。ですから、出来る範囲で対応できることに取り組むのが大切。

メイクは必要な時以外控えるようにするとか、石けんや洗顔料で落とせる程度のメイクにするように…。などです。

乾燥肌 クレンジング

洗浄力の強いクレンジング剤を使う回数を減らすと、肌の保湿力は徐々に改善してくれるはずです。

そして、しっかりメイクをする必要がある時以外は「落としやすさ」を考えてメイクをするのが大切。

特にこすらなくてもメイクが落とせることは何よりも大切で、なるべくこすらずに短時間でメイクを落とせることを念頭に置いてください。

そして何より、クレンジング剤は「本当に必要な部分」にだけ使用するようにして、軽い汚れなどの部分には、洗顔料くらいで対応するのが大切です。

クレンジング剤を使用する時の注意って?使わなくてもいいの?

実はメイクって、余程落ちにくいタイプのものでない限り、ファンデーションやベースメイクは「石けんだけで」落とすことが可能です。

最近はしっかり系のマスカラでも「フィルムタイプ」のものがあり、落とすときの負荷が軽い商品もあります。

メイクについては、場面に応じて使うものを変えれば、必要以上に肌に負担をかけることも少なくなるので、そうした配慮が必要です。

軽いメイクやUV対策のためのベースメイクくらいであれば、石けんや洗顔料で十分落とすことができるので、しっかり泡立てた洗顔料の「泡」を利用して、泡で汚れを包み込むような洗い方をしましょう。

乾燥肌 クレンジング

この時、決してこすらないように洗うのが大切。そして、洗い流すときも、シャワーを直接肌に当てるような洗い方はNG。お湯を張った洗面器をいくつか用意して、優しく洗い流すのが大切です。

この時のお湯も熱すぎるお湯は乾燥肌を進行させるだけなので、できれば38度程度のぬるま湯で洗い流すようにするのが乾燥肌をストップさせるためのコツです。

まとめ

  • 洗い流せるクレンジング剤は刺激が強すぎるのでなるべく避けること
  • メイクはなるべく「落としやすさ」を意識する
  • 38度のぬるま湯を張った洗面器で優しく洗い流すこと