選び方を間違えると肌に悪影響!敏感肌のボディソープの選び方

敏感肌 ボディーソープ

毎日使うボディソープですが、選び方を間違えると肌荒れの原因や肌の乾燥が進んでしまい敏感肌に悪影響を与えてしまうかも。

デリケートな敏感肌には、優しい洗浄成分のボディソープを選びましょう。

敏感肌におすすめのボディウォッシュとは

敏感肌の方は、肌に優しい洗浄成分のボディウォッシュを選びたいものです。洗浄成分の中でもっとも肌に優しいといわれるのは「脂肪酸塩」、いわゆる石けんの洗浄成分です。

石けんは肌に使うことで皮脂と反応し弱酸性になります。すると界面活性が失われ、洗い流せば肌に残りにくく負担が少ないので肌に優しいといわれています。

石けん以外の洗浄剤、界面活性剤は肌に残ってしまいますから、刺激になることも多いようです。

ただし、石鹸はアルカリ性の為、敏感肌にとって強いアルカリ性の石鹸は刺激が強すぎる場合もあります。健康な肌ならアルカリ性の石けんでも弱酸性に戻そうとする力がちゃんと働きますが、肌がデリケートになっている敏感肌では弱酸性に戻せないことがあります。

健康な肌なら問題のない石けんが、敏感肌では害になる可能性があるということから、敏感肌の方は「弱酸性」のお肌に優しい洗浄成分であるボディソープがおすすめでしょう。

敏感肌におすすめの洗浄成分とは

石けんは強いアルカリ性だから敏感肌には不向き、ということで他の弱酸性の洗浄成分を見てみましょう。弱酸性の洗浄成分には、アミノ酸系やグルコシド系などがあります。

どちらも界面活性剤ということで、それなら敏感肌向きではないと思うかもしれません。界面活性剤は敏感肌にはよくない影響を与えるといわれていますが、実は界面活性剤そのものには毒性がありません。

肌に残った場合に必要な角質まで剝がしてしまうことがあり、そのことでターンオーバーが乱れる可能性があるということなのです。界面活性剤の中でもアミノ酸系やグルコシド系の洗浄剤は、刺激が少なく敏感肌に適しているといえるでしょう。

  • アミノ酸系洗浄成分

アミノ酸系洗浄成分には、アミノ酸の種類によって「タウリン系」、「グルタミン系」、「アラニン系」、「サルコシン系」などがあります。ココイルサルコシンNaやラウロイルグルタミン酸などのアミノ酸系洗浄成分が、ボディソープに使われています。

泡立ちが弱いと感じることもありますが、肌には優しいので敏感肌向きの洗浄剤といえるでしょう。以前はぬるぬるとした使用感が敬遠されることもありましたが、最近は改良が進みさっぱりと洗いあがるものや、しっとりするものが出てきています。

  • グルコシド系洗浄成分

グルコシド系洗浄成分はグルコースという糖から作られていますが、洗浄力が穏やかで刺激性が低く、アミノ酸系洗浄成分と同様に敏感肌向きの洗浄成分です。

グルコシド系洗浄成分にはカプリルグルコシドなどがありますが、ボディソープの他にもシャンプーや洗顔フォームなどに使われています。

敏感肌を改善するボディソープの選び方

敏感肌が避けるべきボディソープはアルカリ性、選びたいのは弱酸性ですが、それだけではなく成分もしっかりチェックして選びましょう!

ボディソープを選ぶポイントは以下の3つです。

1.弱酸性であること

肌と同じ弱酸性であることで、刺激も少なく安心して使うことができます。敏感肌にも安心です。

2.石油系合成界面活性剤不使用であること

界面活性剤はボディソープの他にも化粧品や食品にまで幅広く使われていますが、敏感肌の場合は刺激になることがある「石油系合成界面活性剤」が使われていないものを選びましょう。

3.保湿成分が配合されていること

体を洗うことは、角質層にダメージを与えて乾燥を進めてしまう恐れがあります。敏感肌にとって乾燥は大敵、肌への刺激が少ない成分のボディソープで優しく洗うことはもちろんですが、そのボディソープに保湿効果があるものが望ましいです。

セラミド、ヒアルロン酸、トレハロースなどの保湿成分が配合されたボディソープがおすすめです。

敏感肌にやさしい体の洗い方

敏感肌の方にとってはボディタオルでこする事もお肌にダメージになる事も。肌をいたわりながら洗うようにしましょう。ここではボディタオルなどは使わず、手で洗う方法を紹介します。

  1. まずボディソープをしっかりと泡立てます。洗顔用の泡立てネットを使うと良いでしょう。
  2. 手に泡を取り、手が肌に触れないよう泡で優しく洗います。ゴシゴシこするのはNGです。
  3. 洗い流すお湯の温度は38℃~40℃位にしましょう。それ以上の熱いお湯だと肌のうるおいを保つ皮脂膜にダメージを与えてしまいますから注意です。

お風呂上がりは柔らかいタオルで水分を吸い取らせるように押さえ、こすらないように!そしてすぐにボディローションやボディクリームでしっかりと保湿しましょう。お風呂上がりはどんどん乾燥がすすみますので10分以内、出来れば5分以内にふき取りとローションやクリームのケアを終わらせましょう。

まとめ

  • 敏感肌に適したものはアミノ酸系などの肌に優しい洗浄成分のボディソープ
  • ボディソープを選ぶポイント3つをしっかりチェック
  • お風呂上がりの保湿ケアもセットで忘れずに

 
【関連記事】敏感肌でも使える?肌トラブルを起こさないための石鹸の選び方と使い方
【関連記事】ゴシゴシ洗いはNG!敏感肌の正しい入浴のコツ