ゴシゴシ洗いはNG!敏感肌の正しい入浴のコツ

敏感肌 入浴

様々な刺激が肌トラブルに結びついてしまう、『敏感肌』の人にとって日常生活の中でストレスを受けてしまうことはとても多いのではないでしょうか。

そのストレスを解消しリラックスできる場といえば、お風呂もありますよね。気持ちをゆったりさせストレスを解消させるほかにも、刺激となる汗やホコリも落とすことができることから、入浴は重要な役割があるといえるでしょう。

しかし、敏感肌の人にとって誤った入浴方法は肌トラブルを招くもとになってしまいます。そうならないために、敏感肌の場合の正しい入浴のコツをご紹介しましょう。

肌に刺激を与えない入浴の方法とは?

敏感肌の場合、できるだけ刺激を与えないことが大切です。必要以上に皮脂を奪ってしまわないよう、お湯は38℃~40℃くらいのぬるめの温度にし、あまり長時間浸かるのは避けて5~10分以内にとどめましょう。

温泉に行った場合、肌に良い成分のお湯なら長風呂を楽しみたいですよね。もちろん、それはかまいませんが入浴後は保湿することも忘れないようにしましょう。

また、家庭で入浴剤を使用するのなら、成分によっては肌への刺激になることもあるので上がり際にシャワーで洗い流すようにした方がいいでしょう。

なるべく刺激を与えない身体の洗い方

皮膚を清潔に保つことは、敏感肌の人にとっても大切なことです。汗をかくことでかぶれたり、肌トラブルを起こしてしまうことはよくあります。

汗だけでなく付着したホコリなどを洗い流そうとし、一生懸命ゴシゴシとこすってしまいがちですが、これは絶対にNGです。汗とホコリなら石鹸を使わなくてもぬるま湯で洗い流すだけで十分です。

皮脂汚れには石鹸が必要ですが、皮脂の分泌量が多い頭や顔、汚れやすい手足などを除き、皮脂の分泌が少ない部位には使い過ぎないように注意が必要です。
特に敏感肌の人の肌は皮脂が少なく乾燥気味になっている人が多いので、石鹸は毎日ではなく2~3日に1度使用するくらいでも十分です。

顔を洗う時には洗顔料を良く泡立ててから使いますよね? 同じように、体を洗う時も石鹸を良く泡立ててから、できればタオルやスポンジは使わず手で撫でるようにして洗いましょう。
そうすることにより、角質層を傷つけることもなく皮脂を過剰に取ってしまうこともなくなるので、入浴時のダメージを減らすことができるでしょう。

タオルの選び方

手で体を洗うといっても、さすがに届かない部分もありますよね。背中など、比較的皮膚が厚く皮脂量も多い部分はタオルを使って洗ってもOKです。
でもその場合もナイロン製ではなく、綿でできた柔らかいものを使いましょう。石鹸をたっぷりと泡立て優しく洗います。

お風呂から上がったらすぐに保湿しましょう。顔はすぐにケアする人も、体はおろそかになりがちです。全身に保湿効果のあるローションやクリーム、オイルなどを塗って乾燥を防ぎしっかりと十分に保湿しましょう。

また、ナイロン製ではなく天然素材のものなら大丈夫では?と、綿以外でシルク(絹)製のタオルを選ぶ人もいるかもしれません。

確かにシルクは柔らかく刺激を与えない点では安心できるのですが、中にはかゆくなったり、発疹が出たりする人もいるようです。これは「シルクアレルギー」である可能性も考えられるので、異常があったら使用をやめて医師に相談することをおすすめします。

体を洗うタオルだけでなく、お風呂上りに拭き取るタオルにも注意が必要です。できるだけ柔らかい肌触りで吸水性の良いタオルを使い、水分を拭き取るというよりも押さえて吸い取らせるようにして使うと良いでしょう。

敏感肌 入浴

以上が敏感肌のための入浴のコツです。今までとは違って何だか物足りない…と最初は感じるかもしれませんが、続けることで次第に肌が変わってきたと感じることができるのではと思います。

まとめ

  • 身体を洗う時は石鹸を良く泡立てて手で撫でるようにして洗う
  • お風呂から上がったらすぐ保湿効果のあるローションやクリーム、オイルなどを塗って乾燥を防ぐ
  • 肌触りが柔らかく吸水性の良いタオルで水分を押さえて吸い取る

 

Option!
プロテオグリカン配合化粧品まとめ!

管理人が調べたプロテオグリカン化粧品です。

ご購入をお考えの方、まだちょっと悩んでいる方は、成分など詳しく解説していますので、よろしければご覧ください。

>>実際に効果があると言われている化粧品を確認してみよう!

プロテオグリカンランキングページ誘導バナー