紫外線がしわを刻む!肌の老化を防ぐなら日焼け止めは必須!

しわ 紫外線

紫外線を浴びるとシミができやすくなる。

これは周知の事実ですが、紫外線はシミだけではなくしわを作り出す原因となり、長年紫外線を浴び続けたことによる肌老化を光老化と呼びます。

また、紫外線はA波とB波に分類され、それぞれにお肌に与える影響が異なります。

紫外線が招く光老化って?

それでは、A波とB波が私たちのお肌に与える悪影響について考えてみることにしましょう。

出典:有害紫外線モニタリングネットワーク

出典:有害紫外線モニタリングネットワーク

UV-Aによる作用

出典:湧永製薬株式会社

出典:湧永製薬株式会社

波長が長く、浴びてしまったとしても、すぐに日焼けなどの変化をお肌にもたらすものではありません。
ですが、長年UV-Aを浴び続けているうちに、真皮に到達したUV-Aによって真皮のコラーゲン線維は細かく切断され、エラスチン線維は変性されていきます。これにより、知らず知らずのうちにお肌は老化へと導かれていきます。
つまり、本来であればこの2つの繊維同士が引っ張り合いながらお肌の弾力を保つところが、UV-Aによって切断されたり変性されたりするわけですから、お肌は弾力を失ってたるみ、やがてそれがしわになっていくということですね。
また、UV-Bは陽射が強い日に多く降り注がれますが、UV-Aは天候に捉われず私たちに降り注ぎ、雲やガラスを通り抜ける性質を持っています
今日は曇りだから大丈夫、ガラス越しだから大丈夫などと油断をしていると、まんまとUV-Aに浸透され、真皮層の美容成分が老化してしまう可能性があるということを覚えておきましょう。

UV-Bによる作用

いわゆるサンバーン(日焼け)の状態を作り出すのがUV-Bで、UV-Aよりも波長が短く、強いパワーを持っています
また、UV-Aのようにジワジワと真皮にまで浸透することはありませんが、瞬間的に表皮の遺伝子細胞を傷つけるため、色素沈着によるシミ皮膚がんの原因となります。
そして、サンバーンが落ち着くと、今度は色素が定着してサンタン(お肌の色が黒くなる)の状態となります。

対策はやっぱり日焼け止め?

紫外線による光老化の仕組みをご理解頂けたでしょうか?
このように、浴びてしまうとロクなことがない紫外線は、やはり上手にブロックするのが肌老化を食い止める最大の手段です。
そして、紫外線を浴びないためには、日傘、帽子、手袋、日焼け止めの使用がありますが、帽子や手袋だけでは身体の一部分しか紫外線から守ることができず、また、日傘を使用したとしても、アスファルトの照り返しによって足元から紫外線を浴びてしまう可能性がありますので、これらを使用したとしても、やはり日焼け止めの使用は必須ということになります。

現在市販されている日焼け止めには、ジェルタイプやクリームタイプなどがあり、パッケージには「SPF」または「PA」、そして、が表示されています。

出典:青森ヤクルト

出典:青森ヤクルト


SPF」とは、日焼け止めが効果を発揮する時間を指し、SPF1の場合ではおよそ20分間、紫外線による日焼けを遅らせることができます。
たとえばSPF50と表示されている場合では1000分日焼けを送られることができ、約16時間日焼け止めが効果を発揮するという計算になります。この表示はUV-B対策用の表示ですので、特に海やプールなどで紫外線をブロックしたい場合には、こちらの表示を基準に日焼け止めを選ぶとよいでしょう。

一方、+表示は数多くなる分だけ、高い日焼け止め効果を発揮するということを意味し、数値では表示することができません。
また、SPFではなくPAと表示されている日焼け止めの場合では、UV-Aに対応していることを示しますので、どのような天候であっても対応することができる日焼け止めであると解釈しておけば間違いありません。

特にUV-Aは、UV-Bのようにあきらかに紫外線を浴びているという感覚がありませんので、光老化を食い止めたいのであれば、1年を通じてUV-A対策を行うというのが賢い方法です。

まとめ

  • UV-Aは天候に捉われず降り注ぎ、雲やガラスを通り抜ける性質を持っている。
  • UV-Bは陽射が強い日に多く降り注がれ、瞬間的に表皮の遺伝子細胞を傷つける。
  • 光老化を防止するには、一年を通じて日焼け止めで対策。